科研費マクロ&LaTeX掲示板

 一応ご案内
科研費LaTeXサーバ科研費LaTeXサーバ(ミラー)/LaTeXを使ったマクロです。わからないことがあったら、科研費LaTeX FAQと、この掲示板のログをまず探してみてください。

 疑問と解決策をみんなで共有して、がんばって研究費をGetしましょう!
 spam除けのために、e-mail欄に入力があると書き込めなくしてみました。



[1747] 太字
ID = 4af25cbcda96d474fa65a29a3ac22dc5 ( 01813765c29bede6656d4f0fb1c80df3 )
DC1申請者 のコメント: 2020-06-05 16:12 :

ありがとうございます。
去年インストールしたものを使用していたので、最新版をインストールし直します。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1746] 太字
ID = e7bccb59a0fddeb16abde879dd727587 ( 9afb128cb2fc79fa4683b87a4217fcf1 )
山中 卓 のコメント: 2020-06-04 14:19 :

最新のTeXLiveの環境を入れることをおすすめします。
Windowsですと、あべのり氏のインストーラーは簡単かと思います。
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1745] 太字
ID = 02bd500c4d11a2b789f8c220aa9bd6b5 ( 9784e42d4c722cf6fbac03df2ef41ad9 )
DC1申請者 のコメント: 2020-06-04 07:17 :

コメントありがとうございます。
\\textgtも試したのですが、変化はありませんでした。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1744] 太字
ID = 95e927e145d31de08668a073d66959f7 ( ea7e6af438f720c89e5b0340aea40e0a )
山中 卓 のコメント: 2020-06-03 14:08 :

\\textgt ではどうですか。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1743] 無題
ID = 4af25cbcda96d474fa65a29a3ac22dc5 ( 01813765c29bede6656d4f0fb1c80df3 )
DC1申請者 のコメント: 2020-06-03 11:31 :

windowsでlatexを使用してDC1申請書を作成しているのですが、\\textbfや\\bfを使ってもはっきりとした太字にすることができません。
macの場合はヒラギノフォントの設定を行うようですが、windowsの場合は購入しないといけないのでしょうか?
他の解決方法などあるのでしょうか。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1742] 無題
ID = 4af25cbcda96d474fa65a29a3ac22dc5 ( 01813765c29bede6656d4f0fb1c80df3 )
DC1申請者 のコメント: 2020-06-03 11:31 :

windowsでlatexを使用してDC1申請書を作成しているのですが、\\textbfや\\bfを使ってもはっきりとした太字にすることができません。
macの場合はヒラギノフォントの設定を行うようですが、windowsの場合は購入しないといけないのでしょうか?
他の解決方法などあるのでしょうか。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1741] styファイルを読み込んだ後にタイプセットできない
ID = 827a3e813a7fe4f266cef4b8c407007d ( 5e56ee496e562a15ba8c581419b4bbc8 )
UE のコメント: 2020-05-18 21:03 :

emathのstyファイルを然るべき場所に置き,mktexlsrを実行した後
実際にタイプセットすると

C:\\texlive\\2017\\bin\\win32\\runscript.tlu:732: C:\\texlive\\2017\\bin\\win32\\runscript.tlu:688: no appropriate script or program found: ptex2pdf

と表示されます。
TeXworksを使っております。どなたか解決できる方はいませんでしょうか?



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1740] ありがとうございます
ID = 349f7778686dc36cf10c10b0369765c8 ( 686fdc19b5e8ec148f5ea9512589bfbe )
学振PD申請者 のコメント: 2020-05-07 10:27 :

ご返答ありがとうございます。確かに全て合わせる調整はできなさそうですね。
次のページに過剰に早く飛んでしまう問題は\\enlargethispageで解決できました。大変助かりました。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1739] ページの上下
ID = e7bccb59a0fddeb16abde879dd727587 ( 9afb128cb2fc79fa4683b87a4217fcf1 )
山中 卓 のコメント: 2020-05-05 17:08 :

結論から言うと、ほぼ調整できません。

多分、問題にされているのは、「(1) 研究の背景」の始まるp.4 から「(4) 研究計画」の終わるp.8 までのことかと思います。
FAQからのリンク:http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/%7Etaku/kakenhiLaTeX/multipage_item.html に図を描いていますが、
科研費LaTeXでは、連続してページをまたぐ項目は、それらのページに共通のtop margin とtext heightを指定して、そこに文章を流し込んでいます。

今年の申請書はなぜか、1ページずつの「(2) 研究目的・内容」、「(3) 研究の特色・独創的な点」、「(4) 研究計画」が全てページをまたいでいます。
そのため、p.4 から p.8 までtop marginはそれらのページの中で枠の上辺が最も低い位置(p.7)に合わせ、
text heightはそれらのページの中で枠の下辺が最も高い位置(p.7) に合わせざるを得ませんでした。
1ページずつのものは1ページに収める、あるいは、せめて枠の上下の高さがそろっていればこういう問題は起きなかったのですが、
私が指摘した時には既に様式が公開されており、直せませんでした。

ただ、どうしてももう少し下の行数を伸ばしたいのであれば、そのページの文章に中に
\\enlargethispage{10mm}
とかを紛れ込ますと、一応可能です。

ご迷惑をおかけします。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1738] ページをまたぐ際の行調整
ID = 349f7778686dc36cf10c10b0369765c8 ( 686fdc19b5e8ec148f5ea9512589bfbe )
学振PD申請者 のコメント: 2020-05-05 12:36 :

学振PD申請のsingleのフォームを使わせていただいています。
2ページに渡る蘭が用意されている申請事項で、1ページ目の最後まで書いたときに2ページ目の冒頭に飛んでほしいのですが、どうも1ページ目の最後までいっていないのに(2,3行残して)次のページに飛んだり、次のページでも不必要に1行丸々空けて始まったりしてしまいます。
この行数の調整はどうすればできるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1737] ありがとうございました
ID = 9dae9c450138a0c98f0011463a7881ff ( a961c03e210b31da0783f94a7f5a1113 )
DC2申請者 のコメント: 2020-04-23 06:43 :

迅速なご回答に感謝いたします.
現時点では番号調整+参照不備は直打ちで困っておりませんので,このままにしておきます.
ありがとうございました.



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1736] 図の番号
ID = 8be070c7d810daee908720530448a419 ( 7f1e4feccc76b7acb248ec5a0780f75a )
山中 卓 のコメント: 2020-04-23 06:28 :

ご指摘、どうもありがとうございました。
いろいろ調べてみましたが、結論は、今されている方法で逃げ、undefined referenceとなる図の番号は直打ちしてくださるよう、お願いします。

* 図の順番が逆になる理由
  特別研究員のように枠のある書類では、watermark というパッケージを使って、枠を画像としてページ全体に貼り込んでいます。
  DC1の「(2)研究目的、内容」」のようにページをまたがない項目は、この貼りこむ画像の一部として組み込み、
  正しい位置に文が来るようにしています。

  それに対し、DC1の「(3)研究の特色、独創的な点」のようにページをまたぐ項目は、通常のLaTeXで書く文章のように、
  単に流し込んでいます。

  そのため、ページをまたぐ文章の方が先に使われ、その後に画像がページ全体に貼り込まれ、\\label を使う順番が
  (3)の中の物の方が早くなるようです。

* DC1の「(2)研究目的、内容」」の中の図の番号が参照できない問題。なぜかわからないのですが、
  どうもwatermarkの環境の中で定義した\\label{ }は、.aux ファイルの中に書き出されていません。
  もともと、"TOP SECRET" とか "DRAFT" みたいな文字を全体に入れたりするためのパッケージなので、この中で
  \\label{ }を使うことを想定してないのかもしれません。
  undefined referenceとなるのはそのためのようです。

根本的に解決できる方法があるかもしれないのですが、多分迫っている締め切りまでに解決できるかどうかわかりませんので、
とりあえず最初に示した方法で逃げてくださるよう、お願いします。
どうもすみません。

(最近の科研費の書類のように枠がなくなってくれると、こういう問題もなくなるんですが...)



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1735] 無題
ID = 9dae9c450138a0c98f0011463a7881ff ( a961c03e210b31da0783f94a7f5a1113 )
DC2申請者 のコメント: 2020-04-22 18:30 :

書き忘れましたが,取り敢えずは \\addtocounter{figure} で番号を調整して乗り切っています.



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1734] 図番号の不具合?
ID = 9dae9c450138a0c98f0011463a7881ff ( a961c03e210b31da0783f94a7f5a1113 )
DC2申請者 のコメント: 2020-04-22 17:52 :

お世話になります.
DCの様式 (single) にて,5ページ (2) 研究目的・内容 と (3) 研究の特色・独創的な点 の両方に図を挿入した際,
・(3) 内の図の図番号が,(2) 内の図の図番号より若い
・(2) 内の図について,\\ref{} で図番号を参照できない (undefined reference になる)
現象が発生しております (図自体は表示できています).
解決方法をご存じないでしょうか.

サンプルの egg_dc.tex の当該部分を以下のように編集し,platex + dvipdfmx で PDF を生成した際に,最初の wrapfigure が図2,後の wrapfigure が図1になり,また前者の図番号 (本来は1,pdfでの表示は2) が参照できないようです.

===

\\subsection{研究の目的・内容}
%watermark: w02_purpose_plan_ugly_dc
\\newcommand{\\研究目的}{%
%begin 研究目的と内容===================
\\begin{wrapfigure}{r}{5cm}
\\begin{center}
\\includegraphics[width=5cm]{figs/seagull2.eps}
\\caption{カモメ}
\\label{fig:seagull}
\\end{center}
\\end{wrapfigure}
図\\ref{fig:seagull}\\\\
本研究の目的は、象の卵の殻について、生物、化学、物理、工学などの
〜〜 (略) 〜〜
など、科学、社会への影響は計り知れない。
%end 研究目的と内容 ====================
}

\\newcommand{\\人権の保護及び法令等の遵守への対応}{%
%begin 人権の保護及び法令等の遵守への対応 ===================
象の卵のES細胞の培養、象のクローンの生成などは行わない。
〜〜 (略) 〜〜
カルタヘナ議定書にも抵触しない。
%end 人権の保護及び法令等の遵守への対応 ====================
}

\\newcommand{\\研究の特色と独創的な点tillNextPage}{%
%begin 研究の特色と独創的な点===================
\\begin{wrapfigure}{r}{5cm}
\\begin{center}
\\includegraphics[width=5cm]{figs/seagull2.eps}
\\caption{カモメ}
\\label{fig:seagull2}
\\end{center}
\\end{wrapfigure}
図\\ref{fig:seagull2}\\\\
〜〜 (略) 〜〜

===

どうぞよろしくお願いいたします.



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1733] 右下の線
ID = 743f563902ffdd90e6a0a1490292e4f0 ( 96f71797f12b7c869b8fe9292636fbf4 )
DC1申請予定者 のコメント: 2020-04-18 07:01 :

山中様

ご回答ありがとうございます。
確認してみたところ、確かに原本の方にも例の線が入っておりましたので、気にしないことにします。

ありがとうございました。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1732] DC p.7 右下の線
ID = 95e927e145d31de08668a073d66959f7 ( ea7e6af438f720c89e5b0340aea40e0a )
山中 卓 のコメント: 2020-04-18 06:27 :

お知らせ、ありがとうございます。
DC申請書のp.7の右下の隅の横線は、学振が配布している申請書の原本(PDFとWordの両方)に入っています。
Wordのファイルを見ると、確かに枠付きのDCがずれて入っています。
でもまあ、原本で入っているものですので、今のままの科研費LaTeXファイルをお使いください。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1731] p.7の右下に線が
ID = 743f563902ffdd90e6a0a1490292e4f0 ( 96f71797f12b7c869b8fe9292636fbf4 )
DC1申請予定者 のコメント: 2020-04-17 18:46 :

DC1に申請予定の者です。

dc.texをコンパイルしてみると、p.7の右下、特に四角で囲われた「DC」のさらに右下に横線が現れてしまいます。

よく見てみると、これは「DC」を囲う枠線の左上の部分が、一つ余分に映り込んでしまっているように見えました。

これが映り込まなくする方法に心当たりはございませんでしょうか。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1730] ご対応いただきありがとうございました。
ID = cf71e01cd3ffe35fe7c7bef7d7eb29c3 ( 1a131efb886dbcbfd201e9b9327ff3d7 )
SN のコメント: 2020-04-06 06:21 :

山中様

私の方でも問題なく動作することを確認いたしました。
迅速にご対応いただきありがとうございました。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1729] DC, PD, PDRA, RPD, RRA の「研究遂行能力」の頭に文章を入れられるように
ID = 95e927e145d31de08668a073d66959f7 ( ea7e6af438f720c89e5b0340aea40e0a )
山中 卓 のコメント: 2020-04-05 20:23 :

DC, PD, PDRA, RPD, RRAのファイルを改定し、「研究遂行能力」の頭に文章を入れられるようにしました。
ここに文章を入れたい場合は、科研費LaTeXのhomepageのNews をクリックし、
修正方法を見てください。

文章を入れない場合は、修正不要です。

また、SN様、改良の希望を言ってくださり、どうもありがとうございました。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
[1728] ありがとうございます。
ID = acbce819e734e2be73310995d0dafecb ( 1925a7dbd8e7577a882bcdb59120b557 )
SN のコメント: 2020-04-05 11:10 :

ご対応いただきありがとうございます。
よろしくお願いします。



このメッセージにコメントする このメッセージを含むツリーを表示する
全体件数 1531 件です。( 1 から 20 まで表示中) 

Y.Amo /