パーソナルツール
現在位置: 水商売ウォッチング / 磁気処理水 / リスト
ナビゲーション
 

リスト

磁気処理水

磁気処理水に関する情報を求む

水道管(鉄管)に永久磁石をとりつけるタイプの磁気水製造装置の評価試験に関する1次資料を探しています。最近、永久磁石(鉄管と異なった金属材料)を接触させることで金属の腐食が生じる可能性があるとか、(おそらく別の型の)磁気水製造装置を分解したら鉄よりイオン化傾向の大きい亜鉛板が入っていて、それが犠牲電極となってさびを防いでいたとかいう情報を(伝聞で)得ました。(ただし、後の犠牲陽極については、装置自体の腐食を防ぐためのもので、効果は装置内に限定されており、建物配管全体の防食には影響しないという話です。犠牲陽極を使う方法は、温水ボイラー等の内部の防食にも使われている、一般的な装置腐食防止法とのことです)

信頼できる評価試験結果の情報を求めています。実験内容に、次のものが含まれていることがベストです。

  • (1)水道管に接触する部分の材料・形状は同じだが、片方は磁石でもう片方は磁石でないようなものを使っての比較実験
  • (2)水道管に接触する面を絶縁体等でコーティングしたものとそうでないもので、管内の磁場の強さを合わせた条件での比較実験

これらの内容を含んでいて、かつ、査読のある論文誌に掲載されたもの・国際会議のproceedingsに掲載されたもの、国公立の試験研究機関の調査報告書に掲載されたものを探しています。ご存じの方は、ぜひお知らせください。(磁気水製造装置の販売店等の宣伝資料では、実験条件や評価方法の詳細を知ることができず、役に立ちません)

 磁場にさらした水が特別な効果を持ちます、という話である。本当かどうか定かではない。似たようなコメントのオンパレードになってしまうが、それもしかたがない。

 永久磁石を水道管などにとりつける製品が多い。うたわれる効果のうち、比較的再現性よく確認されているのは、水道管の赤錆防止効果だけであるが、メカニズムについてはまだはっきりしない。

 どこの会社も、「磁気処理された水はクラスターが小さくなる」と書いているのだが、私の知る限り水のクラスターの大きさをちゃんと測定した実験はない。で、どこの会社もその根拠については何も書いていない。あまりにも書いてないので、誰かが言い出したことをそのまま孫引きして丸写ししているだけなのではないかと勘ぐってしまう。しかも、錆防止効果とクラスターがどう関係するのか、納得できる説明もされていない。

 なお、磁気とは無関係に、配管の錆の専門の会社(有)コロージョン・テックのページ(リンクを直接つついて'~'が変換されてしまう場合は、次のURLをコピー&ペーストしてください:http://www.bekkoame.ne.jp/~fujiict/index.html)は、錆に関する解説が充実している。磁気処理水メーカーの解説と比較すると楽しめる。磁気処理装置の企業がちゃんと錆の専門家と組んで評価法を考えないと、せっかく製品試験をしてもちっとも信頼性が上がらないんじゃないかな。ちなみに、防錆については例えば住友不動産のこんなページが参考になりますね。

  • スター管理サービス
  • セイフティテック
    元付けタイプの浄水器を販売。
    MacのNN4.04では、日本語ページhttp://www.safetytech.co.jp/japanese.htmlを見ようとするとMacsBugに落ちる。linux版でのぞくと日本語ページを見ることができ、浄水器をクリックすると説明の項目が表示されるが、なぜかそこから先を見ることができない。磁気処理活性水と書いてあるので詳しいことを知りたかったのだが。全部、HTTPエラー404見つかりません、と言われてしまう。URLの文字化けの具合から、どうやらファイル名が漢字らしい。英語版を見ると、トリハロメタンの除去だの7層のフィルターを使っているだの....。普通の浄水器っぽい。読めないので詳しいコメントを書けない。
    (1999/04/28)大豆生田さん@千葉大より、ここのページの内容をメールで送っていただいた。そのうちコメントを書きます。
  • 速進
  • PALETTE CLUB
    堀江さんによる、磁力活性装置「ねおじくん」の紹介。

  • 「ポーラー磁気式水処理装置(ポーラーウォーターコンディショナー、PWC)」、「ポーラー磁気パワー活水器PDF-1」の販売。水のクラスターのデマをちゃんと見抜き、水の摩訶不思議な効果に走るのではなく化学的プロセスとして磁気水の効果を解明する方向に進んでいる。これからの研究開発の進展に注目。
  • 株式会社エッチアールディ
    クラスターの話は出てこないが、水に電子を供給したり、ラジカルを作ったりという話になっている。
  • 株式会社ユーピー
    磁場をかけるとクラスターが整えられて水が配列する、という、他社とは全く逆の説を出している。
  • (株)かねはら 開発事業部
    会社はまじめにやろうという姿勢が見えるのに、デタラメを振りまいた人達によってはめられたように見えなくもない。ある意味被害者かも。
  • 「日本超科学会」
    とうとうピラミッドパワー登場。
  • 「グレースユニオン株式会社」
    活性酸素云々が登場するようになったのは,やはり電解水の宣伝の影響なのだろうか。
  • 日本システム企画株式会社へのコメント:復活(2006/03/29)

磁気処理水資料室

 磁気処理の効果を理解していく上で、基礎的な実験結果、参考になりそうな調査結果などがだいぶ集まったのでリストを作ることにした。随時追加を行っていく(実を言うと今回の更新で書ききれない資料がまだある)。

 業界全体を良くしようという自主基準の設定の動きがあったり、水の中の錆やスケールの粒子に対する磁場の効果についての実験結果が出てきたりしており、そういう話が磁気活水の原理を説明するかもしれないという感触は持っている。少なくとも、水が奇天烈に振る舞うと考えたりしなくても、既存の化学と物理の枠組みで話は済みそうである。しかし、効果が出る条件が押さえ切れておらず、まだまだ研究が必要だろう。しばらくの間は、100%の確実に効果があるとは言えない状態が続くはずだ。