ゲストブック兼掲示板

 話題は特に制限しません(雑談もOK)。タグは使えません。また、名前と本文が空欄だと投稿できません。メールアドレスやURLは空欄でも投稿できます。名前はハンドル名でもいいです。タイトルは、内容に即したものにしてもらえると、わかりやすくて助かります。
 学術のみに限った掲示板ではないし、初心者お断りでもないので、気軽に書き込んでいってください。特に水関係でまとまったコメントをいただいた場合、読者によるウォッチングコーナーなどにメッセージ番号とともに再録させていただくことがあります。なお,企業名や製品名の伏せ字は原則として不要です(ただし,問題が起きた場合は個別に対応し,場合によってはメッセージ内の企業名や製品名のみを伏せ字にするという最低限の改変を加えることはあることをご了承ください)。もうちょっと細かいガイドラインはこちらアクセス制限情報はこちらURL自動リンクテスト画面はこちら
 当掲示板に書き込むと,使用したリモートホストの名前(あれば)とIPアドレスが自動的に記録されます。記載したメールアドレスは公開されます。spamが増えることもあるのでご注意ください。メールアドレスは記載しないでください(spam除けで記載すると書き込めなくなっています)。
 煽り,荒らしは無視の方向でお願いします。URL自動リンクの仕様(というかバグ?)で,URL中にシングルクォーテーションがあると投稿に失敗するみたいです。逆引きできないホストからの投稿・無差別宣伝投稿は予告なく削除することがあります。
【ご連絡2010/03/24】冨永教授の定年退職に伴い「冨永研究室びじたー案内」は2010年3月末でサイトを閉鎖します。全コンテンツの内容は、「冨永研究室びじたー案内の記録」に一旦移転させます。移転後は、連絡先などの記載を変えた上で、更新を停止し、当分の間残します(現在作業中)。この掲示板は既に移転済みなのでこれまで通りご利用ください。また、コンテンツは適宜編集し、研究室のページに統合していく予定です。訴訟専用掲示板はまだ暫く続きます。
【出入り禁止&荒し注意報】SSFSさんについて、今後一切の投稿は問答無用で削除します。理由はkikulogのこれ。なお、他所にコピペするという荒しの予告もあったのでご注意ください>掲示板管理者&blog主の皆様。あと、あちこちで暴れている粘着1名も同様。ようちゃんさんを出入り禁止にします。意図的なNGワードの連発で管理の手間を増やしたこと、他人を罵る投稿を平気でして、謝った後も改善されないことが理由です。
(書き込んじゃダメダメ、リンクはどんどん→業者ホイホイ掲示板



[28921] パイプテクターの調査 3
ID = 16a74a6cf7ab1146572fe077b6fa61fd ( d394ad3ffcc16010e5d8ca4aa0ffdf8b )
gaia のコメント: 2018-02-18 22:09 :

まだまだ続きます。

●書籍「マンションリフォームの実務」の調査
例の会社の説明会で紹介されることがあるようです。
「マンション管理センター」という公益財団法人が監修しているため
そこで紹介されている技術なら間違いないという印象付けに使われています。
http://amazon.jp/dp/4274103420

批評のための正当な範囲で引用すると
==============================
p.121〜
〔4〕最新の給水管の延命措置
核磁気共鳴(NMR)技術を利用すると、配管中のすべての赤錆をマグネタイトに還元
できることがわかった。
(略)
メンテナンス費用はほとんど必要ない理想的工法といえる。
(略)
設置した場所からすべての蛇口までの給水管内に発生しているすべての赤錆は
徐々にマグネタイトに変化していく。長期間NMR装置を使用し続けると最終的には
すべての赤錆は不動態のマグネタイトに還元され、継手部の赤錆閉塞が解消され、
以後は配管内の酸化劣化は完全に停止する。
==============================

ベタ褒めですね。
「できることがわかった」「理想的工法」「すべての赤錆は」「完全に停止」など
景気のいい言葉が並んでいます。
これだけ断定するには、監修作業も慎重に行われたのだろうと期待できます(笑)

マンション管理センターに電話で聞いてみました。
「NMRパイプテクターという装置は知らない。
この装置をマンション管理センターが実験したとか、効果を確認したことはないし、
探しても資料は出てこないだろうと思う。
書籍の監修と言っても書かれている内容すべてについて確認するというものではない。
当センターとして、この装置については何も言えない。
効果については作者に聞いてほしい」
との事でした。

事実上、内容について保証しないということのようです。
普通の科学知識があれば、上記引用部を「ホントですか?」と確認しそうなものですが、
公益財団法人って、こんなザル仕事でいいんだ(笑)

作者についても取材しようかと思ったのですが、販売会社の社長との
にこやかな対談記事が見つかったので、危険度が高いと判断して止めました。



フォローする場合は下のフォームから。

投稿フォーム

名前
タイトル
e-mail
(name@aaa.bbb....)
URL
(http://www.a.b.c/)
メッセージ
削除用パスワード

top pageへ戻る
Y.Amo /

 なお、文部科学省や国大協にまでクレームを送りつけ、事務に電話をかけまくるという迷惑極まりないことをやってくれた(自称)某探偵事務所のようなケースが出てきました。こいつは、電話で「私の自宅に行くぞ」と言い、「来たら警察に連絡する」と言ったら「警察に連絡する余裕があればいいけどな」という捨てぜりふを言いました。こいつは既に不倫殺人請負詐欺容疑で逮捕され、初公判も開かれ、前科10犯であったことが判明しました。つまりは、ウチにおかしなクレームを付けてくる奴は元々犯罪者だったってことですなぁ。今後、当サイトに対するクレームは、どこのお役所経由であろうと、いかなる形で届いたものでも手段を選ばず全力をあげて公開いたしますのでご承知置きください。大学宛のものでも一切斟酌いたしません。