ゲストブック兼掲示板

 話題は特に制限しません(雑談もOK)。タグは使えません。また、名前と本文が空欄だと投稿できません。メールアドレスやURLは空欄でも投稿できます。名前はハンドル名でもいいです。タイトルは、内容に即したものにしてもらえると、わかりやすくて助かります。
 学術のみに限った掲示板ではないし、初心者お断りでもないので、気軽に書き込んでいってください。特に水関係でまとまったコメントをいただいた場合、読者によるウォッチングコーナーなどにメッセージ番号とともに再録させていただくことがあります。なお,企業名や製品名の伏せ字は原則として不要です(ただし,問題が起きた場合は個別に対応し,場合によってはメッセージ内の企業名や製品名のみを伏せ字にするという最低限の改変を加えることはあることをご了承ください)。もうちょっと細かいガイドラインはこちらアクセス制限情報はこちらURL自動リンクテスト画面はこちら
 当掲示板に書き込むと,使用したリモートホストの名前(あれば)とIPアドレスが自動的に記録されます。記載したメールアドレスは公開されます。spamが増えることもあるのでご注意ください。メールアドレスは記載しないでください(spam除けで記載すると書き込めなくなっています)。
 煽り,荒らしは無視の方向でお願いします。URL自動リンクの仕様(というかバグ?)で,URL中にシングルクォーテーションがあると投稿に失敗するみたいです。逆引きできないホストからの投稿・無差別宣伝投稿は予告なく削除することがあります。
【ご連絡2010/03/24】冨永教授の定年退職に伴い「冨永研究室びじたー案内」は2010年3月末でサイトを閉鎖します。全コンテンツの内容は、「冨永研究室びじたー案内の記録」に一旦移転させます。移転後は、連絡先などの記載を変えた上で、更新を停止し、当分の間残します(現在作業中)。この掲示板は既に移転済みなのでこれまで通りご利用ください。また、コンテンツは適宜編集し、研究室のページに統合していく予定です。訴訟専用掲示板はまだ暫く続きます。
【出入り禁止&荒し注意報】SSFSさんについて、今後一切の投稿は問答無用で削除します。理由はkikulogのこれ。なお、他所にコピペするという荒しの予告もあったのでご注意ください>掲示板管理者&blog主の皆様。あと、あちこちで暴れている粘着1名も同様。ようちゃんさんを出入り禁止にします。意図的なNGワードの連発で管理の手間を増やしたこと、他人を罵る投稿を平気でして、謝った後も改善されないことが理由です。
(書き込んじゃダメダメ、リンクはどんどん→業者ホイホイ掲示板



[28321] 近場にいた企業関係者から(2)
ID = 99f3c4d90082001948fed8e0d98db10a ( f611e66fd62408b7c2d80395034afff6 )
酔狂人 のコメント: 2011-11-17 14:03 :

 3こ以幻イ里いつかの話は渡辺さんの勘違いがありました。キエフのサマリウムの件がそうですし、
 いずれもごく少数の学説に頼って持論を展開するどこかでやっているような常套手段に映ります。但し、
 台湾での実験結果は全く異なります。この完了報告データに基きこれを主導した当時の科学技術庁
 長官の胡錦標博士の見解は、直接お逢いして伺った限りではこの技術をなぜもっと日本のために活か
 せないのかという叱責に近い苦言でした。奇しくも3月9日に低レベル放射能含有物質の除染技術を
 東電に紹介したい旨を社内で検討していたのが、3月14日の胡博士との2回目の会談を控えた私の
 言い訳仕事でした。3月11日のまさかの悲しい天変の後、伺った際の胡博士の「君たちの出番だ」の
 言葉が鮮明に残っています。台湾国立核能研での1年に及ぶ評価ではセシウムほかの総量定量値が
 激減し、金属イオン、特にナトリウムが90%以上消えている結果でした。報告書をつぶさに読み解いた
 限りでは閉鎖系で、外乱のない計画的な実験を行なったと評価しています。誤解されているC12、13
 の話は炭素鎖であって、C60、70は当然フラーレンです。ここで検出された由来未解明物質から
 いろいろな推論が可能でしたが、追試験が途絶えてしまった経緯は分かりません。高嶋社長のキャラ
 クターが災いしたのかと何度タメ口を叩いても本人からの反応は皆無でした。  
 な9臠酵という概念は、微生物の働きを自然のままに行わせ、それを活性化する手段と考えてよい
 のでしょう。詰まるところは酵素群の働きであって、液体発酵では発酵槽の状態に応じて続く発酵工程
 からの微生物塊返送、場合によっては膜ろ過、活性炭処理により酵素、主要微生物群の還流を行い
 ます。特殊な廃液の場合は、発酵する状態を生成させるための現場での対応が一品一様とも言える
 エンジニアリングなのだと思っています。つまり、働く微生物の種類は特定が不可能な数千種類を越える
 ものと予想され、独立栄養、従属栄養、化学合成、光合成群がひしめく微生物連環が生成されること、
 そして「腐敗」を起こさない発酵状態を発現させるエンジニアリングと言えるのかもしれません。ここで
 起こる特殊な現象は現代科学を総動員してもおそらく解明は不可能だと思います。いままでの数十年に
 及ぶ経験から、望ましい結果を伴うための方法論を追い続けた技術、そのように評価しています。が、
 但し、福島での実験は余りにも不用意です。検証の客観性、正当性が全く評価できないばかりか勝手な
 思い込みと功名心にのめり込むような焦りが出すぎています。



フォローする場合は下のフォームから。

投稿フォーム

名前
タイトル
e-mail
(name@aaa.bbb....)
URL
(http://www.a.b.c/)
メッセージ
削除用パスワード

top pageへ戻る
Y.Amo /

 なお、文部科学省や国大協にまでクレームを送りつけ、事務に電話をかけまくるという迷惑極まりないことをやってくれた(自称)某探偵事務所のようなケースが出てきました。こいつは、電話で「私の自宅に行くぞ」と言い、「来たら警察に連絡する」と言ったら「警察に連絡する余裕があればいいけどな」という捨てぜりふを言いました。こいつは既に不倫殺人請負詐欺容疑で逮捕され、初公判も開かれ、前科10犯であったことが判明しました。つまりは、ウチにおかしなクレームを付けてくる奴は元々犯罪者だったってことですなぁ。今後、当サイトに対するクレームは、どこのお役所経由であろうと、いかなる形で届いたものでも手段を選ばず全力をあげて公開いたしますのでご承知置きください。大学宛のものでも一切斟酌いたしません。