ゲストブック兼掲示板

 話題は特に制限しません(雑談もOK)。タグは使えません。また、名前と本文が空欄だと投稿できません。メールアドレスやURLは空欄でも投稿できます。名前はハンドル名でもいいです。タイトルは、内容に即したものにしてもらえると、わかりやすくて助かります。
 学術のみに限った掲示板ではないし、初心者お断りでもないので、気軽に書き込んでいってください。特に水関係でまとまったコメントをいただいた場合、読者によるウォッチングコーナーなどにメッセージ番号とともに再録させていただくことがあります。なお,企業名や製品名の伏せ字は原則として不要です(ただし,問題が起きた場合は個別に対応し,場合によってはメッセージ内の企業名や製品名のみを伏せ字にするという最低限の改変を加えることはあることをご了承ください)。もうちょっと細かいガイドラインはこちらアクセス制限情報はこちらURL自動リンクテスト画面はこちら
 当掲示板に書き込むと,使用したリモートホストの名前(あれば)とIPアドレスが自動的に記録されます。記載したメールアドレスは公開されます。spamが増えることもあるのでご注意ください。メールアドレスは記載しないでください(spam除けで記載すると書き込めなくなっています)。
 煽り,荒らしは無視の方向でお願いします。URL自動リンクの仕様(というかバグ?)で,URL中にシングルクォーテーションがあると投稿に失敗するみたいです。逆引きできないホストからの投稿・無差別宣伝投稿は予告なく削除することがあります。
【ご連絡2010/03/24】冨永教授の定年退職に伴い「冨永研究室びじたー案内」は2010年3月末でサイトを閉鎖します。全コンテンツの内容は、「冨永研究室びじたー案内の記録」に一旦移転させます。移転後は、連絡先などの記載を変えた上で、更新を停止し、当分の間残します(現在作業中)。この掲示板は既に移転済みなのでこれまで通りご利用ください。また、コンテンツは適宜編集し、研究室のページに統合していく予定です。訴訟専用掲示板はまだ暫く続きます。
【出入り禁止&荒し注意報】SSFSさんについて、今後一切の投稿は問答無用で削除します。理由はkikulogのこれ。なお、他所にコピペするという荒しの予告もあったのでご注意ください>掲示板管理者&blog主の皆様。あと、あちこちで暴れている粘着1名も同様。ようちゃんさんを出入り禁止にします。意図的なNGワードの連発で管理の手間を増やしたこと、他人を罵る投稿を平気でして、謝った後も改善されないことが理由です。
(書き込んじゃダメダメ、リンクはどんどん→業者ホイホイ掲示板



[28357] 活性汚泥の作り方が常道じゃない
ID = 2c0c40aad8df2c675942e744cc810ee4 ( 351ae7960433c0ba76924f49599c6b45 )
技術開発者 のコメント: 2011-11-24 15:14 :

こんにちは、Isshockingさん。あまりに個別の話になるのでコメントするかどうか
悩んでいたんだけど、まあ、Isshockingさんがコメントされたので便乗しましょう。

なんていうか、昔、それぞれの排水に合わせた活性汚泥を作る研究をしていた部屋
の近くにいたんですね。なんていうか、地方自治体の下水処理場なんてのは、そう
そう変な汚水が入り続けることはないので、一般的な活性汚泥で充分なんだけど、
事業所に設置する排水処理場なんてのは、排水の質が様々だから、活性汚泥も排水
に合わせたものが必要になるんです。ただねその時の活性汚泥の作り方というのは
「活性汚泥を馴らしていく」という方式なんですね。そういう意味では先に微生物
を決めて試すみたいな、酔狂人さんのやり方には違和感がとても大きくあります。

例えば、病院とかに設置する排水処理場なんかは、結構、排水中の消毒剤の濃度が
あったりしたわけです(最近は知らないですよ、私が知っているのは病院に良く石
炭酸石けんの洗面器がある時代の話です)。そんな排水を普通の活性汚泥槽に流し
込んだら活性汚泥が死んじゃうんですね(なにせ微生物ですから)。じゃあどうす
るのかというと、「消毒液に馴らした活性汚泥」なんてのを作るわけです。少しず
つ石炭酸石けんの濃度を上げながら活性汚泥を飼うと、そういう排水でもちゃんと
分解してくれる活性汚泥ができあがるわけですよ。笑い話をすると、その活性汚泥
は、病院の外来が休みになって石炭酸石けんの濃度が下がると、比較的急速に普通
の活性汚泥に戻ったりするんで、そんなときには石炭酸石けんを少し入れて「石炭
酸対応力」を維持しなきゃ成らなかったりしたんですけどね。

活性汚泥というのは色んな微生物の集合体で、当然だけど石炭酸に強い微生物も弱
い微生物も皆いる訳ですね。でもってこうやって「馴らす」という作業は、要は活
性汚泥の中の石炭酸に強い微生物を優勢にしているだけなんです。結果として、石
炭酸対応の活性汚泥というのはできるわけですが、活性汚泥内の微生物は、結果と
して対応している訳で、最初から選択している訳ではないんですね。

実はその頃に、「海の養魚場の底の浚渫ヘドロを分解する活性汚泥の必要性」なん
て話も聞いた事があるので、「高塩濃度排水対応の活性汚泥」も必要性というのは
あるだろうと思うんです。でもって、チョット気になったので、最近の報告とかを
斜めに読んでみても、「高塩濃度排水対応の活性汚泥」の開発というのは続いてい
るみたいでして、そのやり方も、まあ昔ながらの「馴らす」やり方のものが多いよ
うです。そういう開発のやり方を考えると、「馴らす」ことで高塩濃度排水対応に
するのではなく、最初に微生物を決め撃ちしているような酔狂人さんのやり方とい
うのは、「本当にプロがやっているのかな」という疑問は感じます。

まああくまで、活性汚泥つくり屋さんたちの近くにいた経験からの感想ですけどね。



フォローする場合は下のフォームから。

投稿フォーム

名前
タイトル
e-mail
(name@aaa.bbb....)
URL
(http://www.a.b.c/)
メッセージ
削除用パスワード

top pageへ戻る
Y.Amo /

 なお、文部科学省や国大協にまでクレームを送りつけ、事務に電話をかけまくるという迷惑極まりないことをやってくれた(自称)某探偵事務所のようなケースが出てきました。こいつは、電話で「私の自宅に行くぞ」と言い、「来たら警察に連絡する」と言ったら「警察に連絡する余裕があればいいけどな」という捨てぜりふを言いました。こいつは既に不倫殺人請負詐欺容疑で逮捕され、初公判も開かれ、前科10犯であったことが判明しました。つまりは、ウチにおかしなクレームを付けてくる奴は元々犯罪者だったってことですなぁ。今後、当サイトに対するクレームは、どこのお役所経由であろうと、いかなる形で届いたものでも手段を選ばず全力をあげて公開いたしますのでご承知置きください。大学宛のものでも一切斟酌いたしません。