ゲストブック兼掲示板

 話題は特に制限しません(雑談もOK)。タグは使えません。また、名前と本文が空欄だと投稿できません。メールアドレスやURLは空欄でも投稿できます。名前はハンドル名でもいいです。タイトルは、内容に即したものにしてもらえると、わかりやすくて助かります。
 学術のみに限った掲示板ではないし、初心者お断りでもないので、気軽に書き込んでいってください。特に水関係でまとまったコメントをいただいた場合、読者によるウォッチングコーナーなどにメッセージ番号とともに再録させていただくことがあります。なお,企業名や製品名の伏せ字は原則として不要です(ただし,問題が起きた場合は個別に対応し,場合によってはメッセージ内の企業名や製品名のみを伏せ字にするという最低限の改変を加えることはあることをご了承ください)。もうちょっと細かいガイドラインはこちらアクセス制限情報はこちらURL自動リンクテスト画面はこちら
 当掲示板に書き込むと,使用したリモートホストの名前(あれば)とIPアドレスが自動的に記録されます。記載したメールアドレスは公開されます。spamが増えることもあるのでご注意ください。メールアドレスは記載しないでください(spam除けで記載すると書き込めなくなっています)。
 煽り,荒らしは無視の方向でお願いします。URL自動リンクの仕様(というかバグ?)で,URL中にシングルクォーテーションがあると投稿に失敗するみたいです。逆引きできないホストからの投稿・無差別宣伝投稿は予告なく削除することがあります。
【ご連絡2010/03/24】冨永教授の定年退職に伴い「冨永研究室びじたー案内」は2010年3月末でサイトを閉鎖します。全コンテンツの内容は、「冨永研究室びじたー案内の記録」に一旦移転させます。移転後は、連絡先などの記載を変えた上で、更新を停止し、当分の間残します(現在作業中)。この掲示板は既に移転済みなのでこれまで通りご利用ください。また、コンテンツは適宜編集し、研究室のページに統合していく予定です。訴訟専用掲示板はまだ暫く続きます。
【出入り禁止&荒し注意報】SSFSさんについて、今後一切の投稿は問答無用で削除します。理由はkikulogのこれ。なお、他所にコピペするという荒しの予告もあったのでご注意ください>掲示板管理者&blog主の皆様。あと、あちこちで暴れている粘着1名も同様。ようちゃんさんを出入り禁止にします。意図的なNGワードの連発で管理の手間を増やしたこと、他人を罵る投稿を平気でして、謝った後も改善されないことが理由です。
(書き込んじゃダメダメ、リンクはどんどん→業者ホイホイ掲示板



[28342] ここまで言いたくはないのですが
ID = 99f3c4d90082001948fed8e0d98db10a ( f611e66fd62408b7c2d80395034afff6 )
酔狂人 のコメント: 2011-11-20 17:31 :

 懸念の中身は、反論の嵐に遭うのは分かっているのだから、せめて実験のやり方ぐらいは
しっかりした組み立てをする必要があったのに、そうでなかったから二重の袋叩きにあっている現状を
予感していた意味です。みっともない結末だけは避けてくれ、そう思っていました。私も化学、微生物は
多少なりとも学んだ経歴はあります。mimonさんのおっしゃっている話は至極当然と考えています。
 もともとこの技術と接した経緯は、現在の活性汚泥法やこれに付随する処理法が前後処理設備の
かたまりで、環境投資のみならず塩析工程があったり触媒が塩酸だったりすると処理能力、発生汚泥や
硫化水素の問題で環境担当者は常に悩みを抱えていた実態からです。高濃度食塩含有の汚泥の分解
処理と硫化水素発生の課題を同時に解決する手段として実証を開始し、かなりの成果を得ました。採用
しなかった理由はツリーごとの議論の対象が違うのでしょうからここでは申し上げません。
 これを実証しているときに、食塩15%、糖蜜15%以上の高濃度廃液、実際は培養液による希釈が
ありますからその半分ですが、このシステムを採用した実機において1年経過後に排水から食塩が
消えているとの情報が入ったのです。まさかと思いつつ、ここでの分析を開始しました。上述の実証での
食塩濃度は低下傾向にはありました。当時は気に留めてもいません。微生物濃縮、ナトリウム複合塩と
しての不動態化、サンプリング、分析方法の瑕疵等々、詰めてみても総量で1/3が行方不明です。
結局、どうなっているの? としか考えようがなかったのです。人様の設備でしたから迷惑をかけ続ける
訳にも行かず、自前の設備システムを導入して再試験を始めた途端に、やめた理由は上記と一緒です。
誤解に起因した事件からとは言え、こちらには何の責任もない話ですから本当に腹が立ちました。
 3月11日以降、高嶋サイドの対応が一気に福島に向いてしまった揚句、藤原直哉氏の仲立ちで
政府サイドへの働きかけが行われた経過はmimonさんもご存知でしょう。より慎重に考えるべきところで
思い込みが先行した結果が冒頭の「懸念」につながっている訳です。台湾核能研の評価以降、私たちが
やりかけた実証以外にこの領域の公表できる確たる実績はないのですから。ここを境に袂を分かった
理由は、現代科学を意地っ張りになって無視してかかる態度に、自分の役割はもう済んだと思ったから
で決して離反したのではありません。「消滅」の表現はやめてくれ、の意見には聴く耳を持っていません
でした。とは言え、べつの分野では高い有用性は間違いなくあると信じています。焦らず、いろいろ
な反動を予想して地道に対応すべきでした。
 不具合の目立つ中、高嶋氏は自分を賭けてここに取り組んでいます。逮捕事件を発端とする中傷を
含んだ批判等にも何の釈明もしていません。だから別のツリーで今は部外者の私が少し釈明をしました。
余りの誤解に耐えられなかったのです。ただ「こなみさん」との渡辺さんの応酬には目を疑いました。
間違いを含め、およそ科学の論議とは思えない稚拙な断定ばかりで、何を言ってるんだ、もうやめろ、
の心境でしたから。こうなっている内部事情がありますけれども、ここは控えておきます。こなみさんも
呆れ返って、相手するに足らずの引き揚げだったのでしょう。
 今の政府が一部は関わっている今回の評価です。ここに至るまでに政府官僚サイドが評価してきた
除染技術のもろもろをご存知でしょうか。政府機関、大学、大手企業。どこも屁理屈ばかりで実効の
あがる現実的な方法がない! 国のトップがヨタ話に関わるのは犯罪行為だと声高に批判している
向きも知りましたが、そのトップにしてみると国際的には批判の多いアレバ社に依存せざるを得な
かった経過も含め、国内の科学者に向けた怒りは分かります。あの菅直人という下司の元でも官僚行政
のレベルでは緊急対応への機能はあったのでしょう。だからやってみてくれの要請がなされたわけです。
理屈抜きだったのでしょう。体を張って阻止する気もない連中に本当の批判はできない、高嶋氏はそう
見ていると思います。



フォローする場合は下のフォームから。

投稿フォーム

名前
タイトル
e-mail
(name@aaa.bbb....)
URL
(http://www.a.b.c/)
メッセージ
削除用パスワード

top pageへ戻る
Y.Amo /

 なお、文部科学省や国大協にまでクレームを送りつけ、事務に電話をかけまくるという迷惑極まりないことをやってくれた(自称)某探偵事務所のようなケースが出てきました。こいつは、電話で「私の自宅に行くぞ」と言い、「来たら警察に連絡する」と言ったら「警察に連絡する余裕があればいいけどな」という捨てぜりふを言いました。こいつは既に不倫殺人請負詐欺容疑で逮捕され、初公判も開かれ、前科10犯であったことが判明しました。つまりは、ウチにおかしなクレームを付けてくる奴は元々犯罪者だったってことですなぁ。今後、当サイトに対するクレームは、どこのお役所経由であろうと、いかなる形で届いたものでも手段を選ばず全力をあげて公開いたしますのでご承知置きください。大学宛のものでも一切斟酌いたしません。