4月 2, 2009 - コンピューター    一定時間後に別URLに飛ばす はコメントを受け付けていません。

一定時間後に別URLに飛ばす

 htmlファイルに

"http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">




ページタイトル

のように書いておく。このページを表示すると、自動で「飛ばしたいURL」を見に行く。URL直前の数字は、飛ぶまでの秒数である。

「○秒後に自動でジャンプします」といった内容はbodyのところに書く。メッセージが長くて待ち時間が短いと、速読の訓練みたいになるけど。” name=”{no}_o「○秒後に自動でジャンプします」といった内容はbodyのところに書く。メッセージが長くて待ち時間が短いと、速読の訓練みたいになるけど。※1

Comments are closed.