4月 1, 2009 -    中性子線回折の参考書 はコメントを受け付けていません。

中性子線回折の参考書

 日本語の「中性子光学」を、物理学会の展示会場で入手した。とりあえず関連書籍のメモ。

○「中性子光学 実験による量子力学の探究と応用」(2007)
宇津呂雄彦著、吉岡書店 978-4-8427-0344-2 3200円
○「中性子光学 理論による量子力学の展開」(2009)
ウラジミール・イグナトビッチ著 宇津呂雄彦訳、吉岡書店 978-4-8427-0349-7 
※この2冊は実験と理論で実質1セットになっている。

○Neutron Optics (1989)
VARLEY F. SEARS, Oxford, 0-19-504601-3
※ちょっと古いが内容は基礎的。ペーパーバックは出てないっぽい。

○Theory of Neutron Scattering from Condensed Matter vol.1 (1984, reprinted 2004)
STEPHEN W. LOVESEY, Oxford, 0-19-852028-X
○Theory of Neutron Scattering from Condensed Matter vol.2 (1984, reprinted 2003)
STEPHEN W. LOVESEY, Oxford, 0-19-852029-8
※原研に備え付けてあった。ペーパーバックが入手できる。

 最近出た総説として、
“Modern Developments in X-Ray and Neutron Optics (Springer Series in Optical Sciences)” (2008)
Alexei Erko , Mourad Idir, Thomas Krist, Alan G. Michette. Springer, 978-3540745600
がある。装置側の解説書。

Comments are closed.