8月 24, 2017 - コンピューター    Igor Pro 6.XとTimingがぶつかってる件(Mac) はコメントを受け付けていません。

Igor Pro 6.XとTimingがぶつかってる件(Mac)

作業時間管理のために、https://timingapp.com/のTiming.appというのをちょっと前から試していたわけだが、こいつを動かした状態で、Igor Pro 6.Xを使うと、Igorのコマンドウィンドウに”AppleEvent Processing err: system error #-609.”というメッセージが表示される。このエラーメッセージは、作業の途中で一時的に開くウィンドウを閉じる度に発生するので、Igorのコマンドウィンドウが、大量のエラーで埋まることになる。たとえば、グラフを表示させようとして、グラフにするためのwaveを選ぶウィンドウを表示させ、選んで、OKをクリックすると、グラフ自体は正常に表示されるのだが、実行したグラフ表示コマンドに並んでこのエラーが出る。どの操作をしても、ウィンドウを閉じるタイミングで出るし、操作によっては複数回発生して、操作を終えたとたんに数行にわたって同じエラーが表示される。

最初はOSのライブラリか何かが壊れたのかと思って、10.10で使っていたのを10.12にしたのだけど症状は変わらず。Igor Proの方を7.xに変えたら起きなくなった。

Igorの方を7にすると、Carbon対応のXOPが全部動かなくなるので、新しいXcodeとXOP Toolkit7でコンパイルし直しをすることになって、いろいろ作業しているうちに、もしや、と気づいてTiming.appを止めたらエラーが出なくなった。

ネットを調べてもこのエラーへの対処方法ってあんまり出てないし、AppleScriptを使っててこけると出ることがある、くらいしかわからなかったのだけど、アプリの起動状況を調べるのにイベントに干渉したりしてるんかね。試用期間も過ぎていたので、残念ながら、Timing.appは使わないことが決定。

Comments are closed.