10月 19, 2019 - コンピューター    VS Code + Jupyter notebook はコメントを受け付けていません。

VS Code + Jupyter notebook

Visual Studio CodeがJupyter notebookを扱えるようになったので、環境構築してpythonで遊ぼうと思ったらなかなかうまくいかなかった。まず、pyenvでインストールした最新版の3.4.7の環境(pyenv global 3.4.7)にしてから、jupyter notebookをインストールし、vsCode側のpythonを~pyenv/shims/pythonや~pyenv/versions/3.7.4/pythonにしても、jupyter notebookのファイルを読み込んで実行しようとすると、jupyterに接続できないというエラーが出て先に進まない。コンソールのコマンドラインから、jupyter notebookを入力するときちんと動いて実行できる。

結局、
pyenv install anaconda3-5.3.1
して、
pyenv global anaconda3-5.3.1
で環境をこれに変えた後、VS Code側のpythonインタープリターに(‘base’:conda)を指定すると、最初の起動で待たされるが、それ以降はjupyterの環境でpythonが実効できた。バージョンにこだわるわけではにないので、anacondaを使うことにする。

環境のテストは、ド定番の

print("Hello World")

変数の中身を見られるかどうかのテストは

mport numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt
p = np.linspace(0,20,100)
random_array = np.random.rand(100,1)

簡単なグラフが出せるかどうかは、

import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt
p = np.linspace(0,20,100)
plt.plot(p, np.cos(p))

plt.show()

で試せる。

VPythonのインストールは、anacondaの場合は
conda install -c vpython vpython=7.5.0
新しいバージョンにするには、
conda update -c vpython vpython
それ以外の場合は
pip install vpython
で行う。

テストは、

from vpython import *
sphere()

で、動いているかどうかがわかる。

Comments are closed.