4月 1, 2009 - コンピューター    plone3とapache2との連携 はコメントを受け付けていません。

plone3とapache2との連携

plone3側。

ZMIで/に移動。項目確認。
VirtualHostMonsterを追加する必要があれば追加する。
既に、virtual_hostingという名前の項目があって、既にあるというエラーが出る場合はそのまま。
plone3では最初から入ってるみたい。

apache2側。

httpd.confの420行目くらいの、

Include conf/extra/httpd-vhosts.conf

の行をコメントアウト。

./apachectl -M

を実行して、rewrite_moduleがあることを確認。

編集するファイルは、/usr/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf

元の内容は後の参考のためにコメントアウト。
今回、デフォルトのままのインストールをやったので、
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp:8080/Plone/
がploneサイトのトップページになっている。これを、
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/lab/
で、アクセスできるようにしたい。

以下を追加。

NameVirtualHost *

ServerName cm.kj.yamagata-u.ac.jp
RewriteEngine On
RewriteRule /lab(.*) http://localhost:8080/VirtualHostBase/http/www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp:80/Plone/VirtualHostRoot/_vh_lab/$1 [L,P]

書き換えたら、./apachectl -tでチェック。エラーがなければ走らせてみる。

これで、http://サーバー名/labでアクセスするとploneで作ったトップページが出る。

ページ:«1...56789101112