4月 1, 2009 - コンピューター    portletの表示幅と行間を変える はコメントを受け付けていません。

portletの表示幅と行間を変える

portlets.cssのカスタマイズ。元ファイルは/portal_skins/plone_styles/portlets.css
コピーしてできた /portal_skins/custom/portlets.cssを、例えば以下のように編集。

.portletItem {
margin: 0;
padding: 0.1em;
border-left: &dtml-borderWidth; &dtml-borderStyle; &dtml-globalBorderColor;;
border-right: &dtml-borderWidth; &dtml-borderStyle; &dtml-globalBorderColor;;
}

行間を狭くするには、paddingを変更。0.1emにするとそれなりに狭くなってくれる。左右どちらもこれに従う。

表示幅を変えるには、/lab/portal_skins/plone_styles/base_properties/をカスタマイズ。
columnOneWidthをデフォルトの16emから24emに変更すると、左側のナビゲーションの幅がひろくなる。

4月 1, 2009 - コンピューター    UnifiedInstallerを使った時のtrusted_proxyの設定場所 はコメントを受け付けていません。

UnifiedInstallerを使った時のtrusted_proxyの設定場所

UnifiedInstallerでstandaloneの場合は、
[install.shが作ったフォルダ]/zinstance/parts/instance/etc/zope.conf

UnifiedInstallerでZEOは、
[install.shが作ったフォルダ]/zeocluster/parts/client1/ete/zope.conf

4月 1, 2009 - コンピューター    テーブルの罫線とかを消されないようにしたい はコメントを受け付けていません。

テーブルの罫線とかを消されないようにしたい

 Kupuで編集時、テーブルの罫線を設定しても保存時に消されて表示されない。

 portal_transform/safe_htmlを編集。
全てを許可するのであれば、一番上の disable transform を 1 にして保存。safeの意味がなくなるかわりに、意図通りに表示されるようになる。

4月 1, 2009 - コンピューター    これまでに使っていたCSSを使えるようにする はコメントを受け付けていません。

これまでに使っていたCSSを使えるようにする

これまで、直接html編集で作っていたときに使っていたCSSを使えるようにする方法。

ZMIにいく。
plone/portal_cssの、Debug/development modeのチェックボックスをON、SAVE

/Plone/portal_skins/plone_styles/ploneCustom.cssに移動
Customizeをクリック
/Plone/portal_skins/custom/ploneCustom.css

が開いて編集できるようになる。これまで使っていたcssファイルの中身を移す。

他のbase_propertiesも同様に、customにコピーして編集する。※1

書き換えたら
Zope管理画面、plone/portal_cssの、Debug/development modeのチェックボックスをOFF、SAVE

Kupuの画面で、htmlソース表示にして、タグ直打ちすればこれまで通り使える。1回保存するまでKupuの画面上ではcssが効かないことがあるので保存して確認する。

4月 1, 2009 - コンピューター    plone3とapache2との連携 はコメントを受け付けていません。

plone3とapache2との連携

plone3側。

ZMIで/に移動。項目確認。
VirtualHostMonsterを追加する必要があれば追加する。
既に、virtual_hostingという名前の項目があって、既にあるというエラーが出る場合はそのまま。
plone3では最初から入ってるみたい。

apache2側。

httpd.confの420行目くらいの、

Include conf/extra/httpd-vhosts.conf

の行をコメントアウト。

./apachectl -M

を実行して、rewrite_moduleがあることを確認。

編集するファイルは、/usr/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf

元の内容は後の参考のためにコメントアウト。
今回、デフォルトのままのインストールをやったので、
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp:8080/Plone/
がploneサイトのトップページになっている。これを、
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/lab/
で、アクセスできるようにしたい。

以下を追加。

NameVirtualHost *

ServerName cm.kj.yamagata-u.ac.jp
RewriteEngine On
RewriteRule /lab(.*) http://localhost:8080/VirtualHostBase/http/www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp:80/Plone/VirtualHostRoot/_vh_lab/$1 [L,P]

書き換えたら、./apachectl -tでチェック。エラーがなければ走らせてみる。

これで、http://サーバー名/labでアクセスするとploneで作ったトップページが出る。

ページ:«1...56789101112