4月 2, 2009 - コンピューター    phpのタグ はコメントを受け付けていません。

phpのタグ

phpのタグ <?PHP  ?>だけではなく <?  ?> も使えるようにするには、php.iniのshort_open_tagの設定を変える。

4月 1, 2009 - コンピューター    pplogpのupload.cgi はコメントを受け付けていません。

pplogpのupload.cgi

pplogpをbeta 3にしたら記事が全く投稿できないという症状に見舞われた。
職場の新サーバがダメ。さくらサーバは問題なし。

ウェブから直接/pplogp/upload.cgiを実行するとエラー500。
改行コード(CRLFであるべき)や日本語コード(EUCであるべき)を確認、両方とも問題なし。

apacheのerror_logには、

[Wed Apr 01 12:28:25 2009] [error] [client 133.24.28.17] (2)No such file or directory: exec of ‘/home/WWW/pplogp/upload.cgi’ failed, referer: http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/pplogp/admin.php?mode=entry
[Wed Apr 01 12:28:25 2009] [error] [client 133.24.28.17] Premature end of script headers: upload.cgi, referer: http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/pplogp/admin.php?mode=entry

のように出ていた。

” Premature end of script headers”の解決策をウェブで探したところ、http://sagittarius.dip.jp/~toshi/premature.htmlに情報があった。改行コードの誤認識が起きることがあるそうな。
upload.cgiの1行目を

#!/usr/local/bin/perl

から

#!/usr/local/bin/perl —

に変えてみたところ、無事投稿できるようになった。

 

4月 1, 2009 - コンピューター    ploneの入り口あたり はコメントを受け付けていません。

ploneの入り口あたり

http://plone.org/
より。
Plone-3.2.1r4-UnifiedInstaller.tgz.tar
を落としてくる。

tar Plone-3.2.1r4-UnifiedInstaller.tgz.tar
cd Plone-3.2.1r4-UnifiedInstaller
./install.sh standalone

ユーザーplone、グループploneができる。
インストール終了後のメッセージ中で、

Use the account information below to log into the Zope Management Interface
The account has full ‘Manager’ privileges.

Username: admin
Password: ********

のように、管理者の初期パスワードが表示される。

http://(インストールしたマシンのIPまたはURL):8080/Plone

でアクセスできる。8080はデフォルトのポート番号。

ここまでだと表示が英語なので、日本語の解説書を読みながら触るには、画面右上の一番右上のサイト設定をクリック→LanguegeをJapaneseにすると全体の表示が日本語になる。

FreeBSD release7で利用中。

4月 1, 2009 -    中性子線回折の参考書 はコメントを受け付けていません。

中性子線回折の参考書

 日本語の「中性子光学」を、物理学会の展示会場で入手した。とりあえず関連書籍のメモ。

○「中性子光学 実験による量子力学の探究と応用」(2007)
宇津呂雄彦著、吉岡書店 978-4-8427-0344-2 3200円
○「中性子光学 理論による量子力学の展開」(2009)
ウラジミール・イグナトビッチ著 宇津呂雄彦訳、吉岡書店 978-4-8427-0349-7 
※この2冊は実験と理論で実質1セットになっている。

○Neutron Optics (1989)
VARLEY F. SEARS, Oxford, 0-19-504601-3
※ちょっと古いが内容は基礎的。ペーパーバックは出てないっぽい。

○Theory of Neutron Scattering from Condensed Matter vol.1 (1984, reprinted 2004)
STEPHEN W. LOVESEY, Oxford, 0-19-852028-X
○Theory of Neutron Scattering from Condensed Matter vol.2 (1984, reprinted 2003)
STEPHEN W. LOVESEY, Oxford, 0-19-852029-8
※原研に備え付けてあった。ペーパーバックが入手できる。

 最近出た総説として、
“Modern Developments in X-Ray and Neutron Optics (Springer Series in Optical Sciences)” (2008)
Alexei Erko , Mourad Idir, Thomas Krist, Alan G. Michette. Springer, 978-3540745600
がある。装置側の解説書。

4月 1, 2009 - その他の物品    static text portletで文字化け はコメントを受け付けていません。

static text portletで文字化け

 Safariで、plone3のstatic text portletを編集時、日本語を入れて保存すると表示が文字化けする。
FireFoxを使って編集すると、文字化けが起きない。

4月 1, 2009 - コンピューター    portletの表示幅と行間を変える はコメントを受け付けていません。

portletの表示幅と行間を変える

portlets.cssのカスタマイズ。元ファイルは/portal_skins/plone_styles/portlets.css
コピーしてできた /portal_skins/custom/portlets.cssを、例えば以下のように編集。

.portletItem {
margin: 0;
padding: 0.1em;
border-left: &dtml-borderWidth; &dtml-borderStyle; &dtml-globalBorderColor;;
border-right: &dtml-borderWidth; &dtml-borderStyle; &dtml-globalBorderColor;;
}

行間を狭くするには、paddingを変更。0.1emにするとそれなりに狭くなってくれる。左右どちらもこれに従う。

表示幅を変えるには、/lab/portal_skins/plone_styles/base_properties/をカスタマイズ。
columnOneWidthをデフォルトの16emから24emに変更すると、左側のナビゲーションの幅がひろくなる。

4月 1, 2009 - コンピューター    UnifiedInstallerを使った時のtrusted_proxyの設定場所 はコメントを受け付けていません。

UnifiedInstallerを使った時のtrusted_proxyの設定場所

UnifiedInstallerでstandaloneの場合は、
[install.shが作ったフォルダ]/zinstance/parts/instance/etc/zope.conf

UnifiedInstallerでZEOは、
[install.shが作ったフォルダ]/zeocluster/parts/client1/ete/zope.conf

4月 1, 2009 - コンピューター    テーブルの罫線とかを消されないようにしたい はコメントを受け付けていません。

テーブルの罫線とかを消されないようにしたい

 Kupuで編集時、テーブルの罫線を設定しても保存時に消されて表示されない。

 portal_transform/safe_htmlを編集。
全てを許可するのであれば、一番上の disable transform を 1 にして保存。safeの意味がなくなるかわりに、意図通りに表示されるようになる。

4月 1, 2009 - コンピューター    これまでに使っていたCSSを使えるようにする はコメントを受け付けていません。

これまでに使っていたCSSを使えるようにする

これまで、直接html編集で作っていたときに使っていたCSSを使えるようにする方法。

ZMIにいく。
plone/portal_cssの、Debug/development modeのチェックボックスをON、SAVE

/Plone/portal_skins/plone_styles/ploneCustom.cssに移動
Customizeをクリック
/Plone/portal_skins/custom/ploneCustom.css

が開いて編集できるようになる。これまで使っていたcssファイルの中身を移す。

他のbase_propertiesも同様に、customにコピーして編集する。※1

書き換えたら
Zope管理画面、plone/portal_cssの、Debug/development modeのチェックボックスをOFF、SAVE

Kupuの画面で、htmlソース表示にして、タグ直打ちすればこれまで通り使える。1回保存するまでKupuの画面上ではcssが効かないことがあるので保存して確認する。

4月 1, 2009 - コンピューター    plone3とapache2との連携 はコメントを受け付けていません。

plone3とapache2との連携

plone3側。

ZMIで/に移動。項目確認。
VirtualHostMonsterを追加する必要があれば追加する。
既に、virtual_hostingという名前の項目があって、既にあるというエラーが出る場合はそのまま。
plone3では最初から入ってるみたい。

apache2側。

httpd.confの420行目くらいの、

Include conf/extra/httpd-vhosts.conf

の行をコメントアウト。

./apachectl -M

を実行して、rewrite_moduleがあることを確認。

編集するファイルは、/usr/local/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf

元の内容は後の参考のためにコメントアウト。
今回、デフォルトのままのインストールをやったので、
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp:8080/Plone/
がploneサイトのトップページになっている。これを、
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/lab/
で、アクセスできるようにしたい。

以下を追加。

NameVirtualHost *

ServerName cm.kj.yamagata-u.ac.jp
RewriteEngine On
RewriteRule /lab(.*) http://localhost:8080/VirtualHostBase/http/www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp:80/Plone/VirtualHostRoot/_vh_lab/$1 [L,P]

書き換えたら、./apachectl -tでチェック。エラーがなければ走らせてみる。

これで、http://サーバー名/labでアクセスするとploneで作ったトップページが出る。

ページ:«1...56789101112