鼻炎のレーザー治療(9)

前回の投稿から随分時間が空きましたが、レーザー治療のその後です。結局、2014年の春から夏は問題無く過ごし、秋になって寒くなっても
鼻づまりは起きず、丸1年以上が経ちました。鼻水が少し多い状態は徐々に改善してきました。

先週末からひどい風邪をひきました。喉のいがいが感から寒気が来て熱が出て、喉が痛くなって咳と鼻水が出る、という、典型的なアレです。インフルエンザの検査はしましたが出なかったので多分ただの風邪でしょう。

私の場合、このパターンで風邪をひくと、鼻づまりがしっかりあって、丸二日以上鼻の奥が腫れて全く鼻で息が出来なくなります。子供の頃から何回も風邪をひきましたが、いつもそうなりました。ところが、今回は症状の出方が軽く、鼻水は出て鼻の奥が熱っぽくて腫れてる感じはあるのですが、鼻で息ができています。どうも、レーザー治療の結果、鼻の奥が腫れにくくなったようです。鼻づまりと同じ時期に喉も悪くなる→口で呼吸→喉さらに悪化、の悪循環をたどるのが常だったのですが、今回は鼻で息ができているのでその分だけ楽でした。また鼻炎になって暫くすると、レーザー治療の前は水分の多い黄色い鼻水が大量に出ていたのですが、治療後は鼻水ではなく水分が少なくなって固まりになったカサブタ状のものが出てくるようになりました。どうも、炎症の後の鼻の内部の様子が、レーザー治療前と後でだいぶ変わった感じです。レーザー治療で風邪の出方が鼻については軽症になっている気がします。まあ、感染症はアレルギーではないので、風邪で鼻水が出るのは仕方がないのですけれど。

タラスブルバが終了で代替品を探した件

この10年以上にわたって、タラスブルバのマウンテンパーカを愛用してきました。パーカ本体はGORE-TEXの防水透湿素材で、両脇の腰ポケットはハンドウォーマーにもなっています。ライナーは別売りで、サイズの同じフリースのジャケットを買うと、ジッパーでパーカ本体に取り付けることができるので、寒い時はライナー付けっぱなしで、暖かくなるとライナーを外して使うことができます。便利なので、数年使って古くなったら同じものを買い求めて、これまでに3回同等品を買い換えて使ってきました。

ところが、アシックスが2013年夏にタラスブルバの展開を止めてしまいました。2013年当時はまだ買ったパーカが新しかったので、買い換えを考えておらず、ブランド展開中止を知らなかったのです。2015年になって、ジッパーが痛んで全体にすり切れてへたってきたので、もう1シーズンくらいは無理すれば着れるけどそろそろ次のをみつくろうか、と思ったら、既にブランドが無くなってて、オークションなどを見ても私が着られるサイズ(SあるいはM)で、アウターとインナーの組み合わせを揃えることはできない状態でした。

類似品が他社から出ていないかと思って探したのですが、なかなかありません。外側ゴアテックス、内側ダウンベストとかなら取り外しできるのがありますし、ノースフェースからも、ZIP-IN-ZIPと名付けて、取り外し可能なフリースをつけられるものが出ていますが、ハンドウォーマーが無かったりポケットの位置とデザインが今一つです。

さんざん探し回った結果、アメリカの軍・警察用ブランドを展開しているメーカーに、代替となりそうな品がありました。511tacticalというブランドです。同等品はこれ。https://www.511tactical.com/responder-hi-vis-parka-mens.html

デザインはかなり派手になりますが、タラスブルバで求めていたものが全て入っているのはこれしかありませんでした。注文しておいたのが届きましたので軽く羽織って確認しました。アメリカサイズなので、Sサイズが日本のMサイズくらいです。また、袖がだいぶ長めです(日本サイズだと私の場合紳士物のMを着ても腕の長さについてはちょうどよいことが多かったのですが、それでも長いくらい)。フリースの厚さもそれなりにあって、山形の冬でも充分大丈夫そうです。ジッパーは信頼のYKKなので、トラブルは無いだろうと思います。自転車通勤で使う期間があることを考えると、派手で反射テープがついている方が自動車からは見えやすくて、OD一色のものよりもむしろ安全かもしれません。

タラスブルバのゴアテックスマウンテンパーカを、取り外しできるフリースのインナーと一緒に愛用していて、乗り換え先が無くて困ってる方は、これも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

繰り返しの洗濯(といってもシーズン終わりに洗うだけだけど)にどれくらい防水機能が耐えるかといったことは、実際何年か使ってみないとわかりませんけど。