鼻炎のレーザー治療(5)

 10月20日の夜から、鼻栓無しで寝ても枕を汚したりはしないだろうという程度になった。かさぶたで相変わらず塞がっているが、隙間ができている状態は変わらない。開いている部分が定期的に詰まるということはない。もう新たにかさぶたができることもなさそうなので、右側に点鼻薬は使わないことにした。

 10月25日くらいから、鼻をかむと黄色っぽい粘い鼻水に薄く血が混じる状態になった。空気が通る部分があまり広くなった気がしない。鏡で鼻の穴を見ると、入り口から急に狭くなった部分に、黒っぽい固まりが見える。その周辺が何となく白っぽいというか黄色っぽい感じで詰まっている。つまりかさぶたが見える。
 10月29日でちょうど2週間。鼻をかむと鏡でみると見えていた手前のかさぶたの一部が壊れて少しずつ出てくる感じ。それでも見える範囲では全体として詰まっている。

 今朝、鼻をかんだら、入り口付近を塞いでいた黒っぽい血のかたまりが一気に出た。かなり呼吸しやすくなった。しかし真ん中から奥にかけては、息を吸うとしみるような引きつるような感じでまだかさぶたがあるっぽい。奥の方にかさぶたの一部らしい白っぽいものが少し見えて、ずっと奥までつながってるっぽい。
 耳鼻科に行ったら、真ん中から奥の方のかさぶたを少し吸い出してとってくれて、それでまた楽になった。が、まだ割とがっちりくっついてるかさぶたもあるらしい。「しっかり焼いたから」と言われた。まあその分かさぶたも分厚くて治りも遅いのだろう。
 この分だと週明けには右がほぼ良くなって右だけで呼吸できそうなので、左の治療を予約した。