鼻炎のレーザー治療(6)

 今日で右側のレーザー治療をしてからちょうど3週間です。鼻をかむとたまにかさぶたらしい黒い固まりが黄色くて粘い鼻水と一緒に出てくるという感じでした。一部塞がっている状態がずっと続いていましたが、定期的に詰まる感じはなくなりました。
 本日、耳鼻科にて、左側の治療をすると同時に、右側のかさぶたをとってもらいました。先週は吸引したりピンセットで引っ張ったりされると痛かったのですが、今日はそれほどの痛みもなく、黒っぽい膜状の大きなかさぶたをとってもらって随分すっきりしました。詰まった感じは全く無いのですが、息をすると鼻の中のわりと手前の部分(普通に鏡で見て何とか見える程度の位置かな)が沁みて少し痛く、ひきつったようでもあり、鼻水が時々じわっと出てくる感じです。鼻をかまなければいけないほどではないですが、ときどきティッシュで拭く必要はあります。空気の通過に対して鼻の中が敏感になっているような気がします。この2週間、右側については点鼻薬の使用から解放されました。
 左が右と同じ経過をたどるなら、今日の夜8時くらいから完全に詰まって向こう1週間は鼻栓準備必要、さらに1週間で多少楽になってその後かさぶたが取れ始めるのでしょう。3週間くらいは放置して、いくらかかさぶたがとれたあたりで耳鼻科に行って残りのかさぶたをとってもらえばよさそうです。
 右をやったときは、左が定期的に詰まるので、寝ている間に点鼻薬の効果が切れて、右も左も完全に詰まって目が覚めるということがありました。今回、右が詰まらなくなっているので、左が完全に詰まっても多少は楽であることを期待しています。
 レーザーは10.6ミクロンの炭酸ガスレーザーでした。ネットを見ていると、もっと早くかさぶたがとれた人もいるようですが、(先生曰く)「しっかり焼いた」場合は、やけどの傷が治るまでに少し時間がかかるのかもしれません。