iPad ProとApple Pencilを持ち歩くためのペンケース

 iPad Proを買った。
 ぶっちゃけ、このサイズならMacBppkと大して変わらないサイズと重量なわけで(もしかしたらMacBook Airの方がお手軽かもしれない)、手軽にオフィス使いたいとかメール見たいという人にはむしろMacBookの小さいやつの方を薦めたい。お値段もそれなりだし。
 ただ、筆圧検知ができるので、お絵かきソフトを使うとか、MacとiPadの両方にAstroPadというアプリをインストールして、液晶ペンタブとして使う(Mac側のお絵かきソフトは何でも使えそうな感じ)という利点はある。WacomのCintiqに比べると、ペンの接触面と表示の液晶面の感覚はiPadの方が小さいので、より紙に描いているのと同じ感覚で書ける。Wacomの場合はペン先と描画面の距離があったので、利き手の位置と目の位置に合わせた位置補正が必要だったが、iPadにその機能は無いし、無くても問題ない。手書きノートアプリも、標準のメモ帳を使うだけでもかなり紙に描く感覚に近くなっている。
 AppleのSmart Keyboardもクリック感があるので入力しやすい。
 ただ、Apple純正品で揃えてしまうと、Pencilホルダーがカバーについていないので、持ち歩くというわけにはいかない。Pencilの充電用に、ライトニングケーブル用のアダプターが付属しているが、小さいのでそのうちどこかに見失ってしまいそうである。
 そこで、Pencilと、充電用のケーブルをセットで持ち歩くことにした。ケーブルは、ネットで探して一番短いのを買った。10cm以下の長さのものを用意すればPenci以下の長さで済む。
 ペンケースとしては、カラーチャート トラベルバンド付きペンケースB5用を購入した。ペンケースにゴムバンドがついていて、ノートなどに取り付けて持ち歩ける。このサイズだと、ぎりぎりPencilが入る。
 ゴムバンドは、裸のままのiPad Proで使おうとすると、短い方に通すとゆるすぎるし長い方に通すとゴムの伸びが足りない。が、iPad Pro本体に透明ケースをつけて、Smart Keyboardもつけた状態で、短い方に通すと、ちょうど良い感じにペンケースを留めることができた。

IMG 0500

IMG 0501