Amebaブログもクレーム耐性無いですね

アメーバブログに書かれていた内容2つが、運営によって削除されました。
こちらに書いていたのと同じ内容ですので、何の問題もありません。
一応ポインタを書いておきます。消されたのは、
こんなメールが来ました
NAVERも見えなくされたようです
です。もう1つあったけどどうでもいい内容なので、こちらのブログには書いてありません。
 アメーバからの連絡ですが、

お客様の管理するブログにて規約違反となる記事を確認しました
ので、削除を行いました。
再度、下記「利用規約」「ガイドライン」をお読みになり、
ご理解いただけますようお願い申し上げます。

今後同様の内容が確認された場合は、確認され次第
通知なく削除をさせていただきます。

また、改善いただけない場合には、退会措置をとらせてい
ただく場合もございますのであらかじめご了承ください。
尚、削除基準に関する個別の回答は行っておりませんので、
返信いただきましても回答できかねます。

 というもので、削除された側が、一体誰からの削除要求なのか、本当にその要求が妥当なのか、全くわからない仕組みになっています。まあ、無料のサービスだから、クレーム耐性もこの程度ということなんでしょう。
 理由も示さず規約違反だと言われても、今後の対応のしようもないわけです。使う側は、まあこういうサービスだと思って使えということではないかと。

 ところで、上記に引用したメールの最後の部分に「本メールに掲載されている内容の無断転載・転用を禁止します。」とあります。本当に権利者からのクレームかどうかの確認もせず、理由も明示せずに削除するということが知れ渡ったら都合がわるいから、公開するなと書いているようにしか見えません。

 いずれにしても、アメーバブログも、「都合の悪いことが書かれた」と誰かがクレームを付けた場合、問答無用で削除するということのようです。ちくり体質のクレーマーにとっては天国かもしれませんが、批判されても何かを主張するような場所ではなさそうです。アメーバで何かを書く場合は、他の場所にも同じ内容を置くなどして、アメーバ1ヶ所に頼らないようにすることが重要のようです。また、記事と一緒にコメントも消されますので、後で別の場所で再度議論を始めたい場合は、こまめに保存しておかないといけないようです。

 いろいろ考えていたら、私が書いた上記2つのコンテンツは、無料ブログのクレーム対応の状況を知るのに全くもって都合のよい内容らしいことに思い当たりました。せっかくですから、いろんなところに書き込んで、サービスの耐性をチェックしてみようと思います。

 ということで、まずは以前から放置しまくっていたはてなダイアリーに同じ内容を置いてみました。
http://d.hatena.ne.jp/apj/20120906
http://d.hatena.ne.jp/apj/20120905

 再現性良くクレームがくる(しかし大元のコンテンツを置いているここには何も来ない)というのは、ブログサービスのクレーム耐性を調べるなかなか良い道具として使えそうです。本当に権利侵害が問題になるという判断ならば、直接私のところに弁護士から手紙が来るとか、公開停止の仮処分の書類が来るとかするはずです。しかしそんなものは何も来ていません。つまり、クレームを出している人は「法的措置は不要」ということを自覚した上でやっていると思われます。あまりにも明白な権利侵害だと判断が分かれないのでテストには使えませんけど、言いがかりはつけられるがそれ以上のことはできない内容であれば使えるわけです。

 無料ブログを比較しているサイトなどを見ましたが、クレーム耐性を調べたものは無いようです。まめにクレームをつけてくる方、どなたかは存じませんが、やろうと思ってもなかなかできないブログサービスのクレーム耐性調査に自発的に協力していただくことにします。


ここからは旧ブログのコメントです。


by ごんべえ at 2012-09-18 09:04:18
はてなのサンプル

すでに知っていそうだけど
http://d.hatena.ne.jp/jyosanin/20120828

すばやく反論した場合どうなるかはわからないけど、適正な判断をするコストをかけようという意思はなさそう。


by 多分役立たず(HNです) at 2012-09-58 09:36:58
ヲチ中

最近(8/28)、私の方にYahoo!知恵袋の方でプロバイダ責任制限法第3条第2項2号に基づく削除に関する照会がありました。

当該Q&A
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1224104912

「送信防止措置に同意しません。」と返答を返した後は、削除もなく、メールは来ていないです。

【侵害されたとする権利】:人格権
というのは戸惑っています。てっきり、名誉毀損かと思いましたので。
#私としては、事実を並べただけのつもりですが...

今後、どのような動きがあるのか気になっています。


by 多分役立たず(HNです) at 2012-09-50 09:46:50
Re:Amebaブログもクレーム耐性無いですね

追記

Yahoo!でも、削除事例があるようです。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/marspass99/35334926.html
#判決文を根拠としているようですが。

照会文書の文面は当方とほぼ同じですので、使いまわしているのでしょう。


by apj at 2012-09-30 09:55:30
Re:Amebaブログもクレーム耐性無いですね

ごんべえさん、

 はてなのアカウントのメールアドレスを確認し、普段見ているアドレスに今し方変更しました。はてなへの記事アップは、20時を回っていましたから、最速でクレームが行ったとしても、運営側がメールを送るのは明日になるはずで、メアド変更も間に合うはずです。
 ということで、最速で反論した場合にどうなるかのご報告ができるかもしれません。

 でも、「情報送信防止措置」の連絡をくれるなら、はてなは、プロ責法の通りに動くという運営をしているということでしょう。


by apj at 2012-09-29 10:12:29
Re:Amebaブログもクレーム耐性無いですね

多分役立たず(HNです)さん、

 相手がどこまで何をしたいかによるでしょうね。
 発信者情報を開示して訴えるところまでやるかどうか。

 でもまあ、プロ責法に従うか、そのコストすらけちるかで、ブログサービスに上中下のランク付けができそうだと思ったり……。


by 我楽者 at 2012-09-46 07:13:46
Re:Amebaブログもクレーム耐性無いですね

こんばんは。

「具体的違反条項の説明なし」「作成者への確認なし」での『突然の削除』とは、一寸ひどいですね。
サイバーエージェントが保身に汲々としているとの感想を持ちました。
「違反している条項の指摘」もできないほど、落ちぶれたか。
或いは元からその様な社風であるのか。

私の場合は、一応サイバーエージェントカスタマーサービスから「意見照会のお知らせ」及び「発信者情報の開示に関する送信防止措置」が届き、それに対して弁護士を通じて返事をしたところ、「そのまま」でした。
http://amba.to/NLR8cd

「発信者情報開示及び送信防止措置をしない」というサイバーエージェント社の返事は、返信後1ヶ月以上経っても何も連絡がないので此方から問い合せ、漸く回答が送信されてきました。
今回の件もそうですが、どうもサイバーエージェントはユーザーに対する対応がお粗末であると感じます。

私自身も削除されても良いように、他の無料ブログサービスに保全しておこうかという気になりました。
「クレーム対応比較」は是非お願いします。
耐性が高いサービスがあれば、移転候補として考慮させていただきます。


by 多分役立たず(HNです) at 2012-09-04 21:39:04
そういえば、以前見た事例

http://jyosanin.blog78.fc2.com/
批判を受けている方の知人を名乗る方からの要請?の話で、プロバイダからブログ主に対処を要請したきりで放置されたようです。
#2年前の話ですが、そのままになっています。
FC2はアメリカの会社ですので、実際の法的対応については分かりかねます。

移転先のはてなでは、今回の事例に当てはまりそうな話がありました。
http://d.hatena.ne.jp/jyosanin/20120828/1346163363
#クレーム対応に強いのか弱いのか...


by 越後屋遼 at 2012-09-23 23:52:23
Re:Amebaブログもクレーム耐性無いですね

mixiも弱いです。
弱いって言うか、勝手に退会させられちゃいます。
大量退社まではそんなこと無かったんですが…新体制はダメダメですね。


by 多分役立たず(HNです) at 2012-10-11 01:39:11
サンプル

Yahoo!の方で、記事を幾つか削除されている人が、削除に備えて2箇所のブログにも転記をはじめました。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/mosel0467/44954420.html

サンプルケースに如何でしょうか?

元 ttp://blogs.yahoo.co.jp/mosel0467
転記先 ttp://mosel0467.blog.fc2.com/
転記先 ttp://ameblo.jp/mosel0467/