「強命水 活」続報

msn産経ニュースより。

「がんに効く水」で罰金刑 長野の会社、薬事法違反
2014.9.8 23:15
 松本区検(長野県松本市)は8日、がんに効果があるなどとうたった飲料水を無許可で販売したとして、薬事法違反の罪で、同県諏訪市の水販売会社「エーイーエム」の菅原越雄社長(62)と法人としての同社を略式起訴した。松本簡裁は同日、菅原社長と同社にそれぞれ罰金100万円の略式命令を出し、同日納付した。

 菅原社長は8月、飲料水「強命水 活」などの商品を「がん細胞をも押さえ込む」などとウェブサイト上でうたい、無許可でインターネットを通じ販売したとして、県警に逮捕された。

 菅原社長と共謀したとして、妻(62)と長男(30)も逮捕されたが、長野地検松本支部は8日、2人を不起訴処分にした。地検は理由を明らかにしていない。

 警察も検察も条文以上のことはできません。
 
 で、この罰金は、ぼったくり商売を続けた社長にとってははした金に過ぎず、ほとんど何の影響もありません。利益を吐き出させるなら、信じて買った人達が返金訴訟を起こす以外にありません。民事で責任追及しない風潮が、インチキな水商売をのさばらせてしまう面もあります。

ニセ医療は人を殺す

YOMIURI ONLINE の記事より。
これも、来年度の講義資料で紹介するかもしれないのでメモ。

施術後に乳児が死亡…「免疫力高める」首ひねり
2014年09月06日

 大阪市淀川区で6月、「赤ちゃんの免疫力を高める」などとうたうNPO法人代表の女性(56)(新潟県上越市)から、首を強くひねるなどの施術を受けた神戸市の男児(生後4か月)が途中で意識不明になり、その後死亡したことが関係者への取材でわかった。代表はマッサージなどの国家資格を持っておらず、昨年も施術を受けた幼児が死亡していた。大阪府警は代表から事情を聞くなど死亡の詳しい経緯を調べている。

 NPOの本部は新潟県上越市にあり、代表は2003年の設立前から、乳幼児を対象に「背筋や首のゆがみを直す」などとして自ら考案した施術法を実践。東京都と大阪市淀川区にも事務所を置き、ホームページで「病気になりにくい体になる」「便秘やアトピーも治る」などと宣伝し、1時間1万円で、6000人以上に施術しているという。

 関係者によると、男児が施術を受けたのは大阪市淀川区の事務所内で今年6月2日。代表が男児を床の上にうつぶせにし、首を90度以上ひねって顔を上向きにしたり、膝に乗せて首をもんだりしていたが、施術を始めてから約45分後に男児の呼吸が止まった。スタッフの通報で救急搬送されたが、低酸素脳症による多臓器不全で同8日に死亡した。

 男児の母親も付き添っていたが、全ての施術は見ていなかった。

 病院から連絡を受けた大阪府警が関係者から事情を聞くなどしたところ、昨年にも新潟県で代表の施術を受けた幼児が死亡していたことがわかったという。

 代表は、子育てに悩む母親ら向けに著書も出版。「背筋が伸びて自律神経の働きが増す」抱き方として、乳児を対面する格好で体だけ支え、頭を後ろにそらせる方法などを推奨していた。施術方法や抱き方を教える講座も開き、受講者の中には、障害を持つ子どもの母親らも多いという。

 代表はその後も東京都などで希望者を対象に施術を続けており、8月中旬、読売新聞の取材に対し、「亡くなったことは悲しいが、原因はよくわからない。今後も(施術を)続けていくつもりだ」と話している。

「整体で発育」根拠乏しく

 〈脳の成長を促す〉〈夜泣きがなくなる〉。近年、インターネット上で乳幼児向けの整体やマッサージの効果を宣伝する業者が目立っているが、医学的根拠に乏しいとみられる方法も少なくない。これまで大人向けに行っていた整体院などが始めているとみられるが、厚生労働省も「実態は全くわからない」という。

 同省によると、医師以外でマッサージなどをできるのは法律で「あん摩マッサージ指圧師」などの国家資格保有者と規定。健康増進を目的に骨格を矯正する整体などは法的な資格がないため、十分な知識がなく施術するケースも多い。大人でも骨折など健康被害を受けることがあり、乳児は危険度が高まるとみられる。

 ただ、マッサージの定義は法的に曖昧で、無資格でも「人体に危害を及ぼすおそれ」がないと処罰対象にならないという。
20140906 OYO1I50002 L

 まず、アトピーはアレルギー反応の1つで、アレルギー反応とは免疫反応が過剰になることで起きるのに、「免疫力を高め」たりしたらますます酷いことになりそうな予感しかしない(それ以前に、「免疫力」って一体何?という疑問もあるが)。
 赤ん坊を育てる時は、首が据わってしっかりしてくるまでそっと寝かせておく、というのが昔から伝わる方法で、旅行で連れ回すといったリスクを上げる行動もしないことが推奨されていたはずだが、首をひねるって一体……。しかも代表は施術のせいだと認めていないので、今後も被害が出る可能性がある。
 デスクワークやパソコン作業で肩こり腰痛に悩まされてる大人ならともかく、生まれたばっかりの赤ん坊の背筋をどうこうする必要は全く無い。ストレッチ以前に、骨はまだ軟らかいし筋肉の発達もこれからだし、第一背中や肩が凝るような姿勢もとっていない。
 施術法にしても代表が考案しただけでエビデンスが無い。効果があるかないかわからないもののために命を落とすというのがニセ医療の怖いところ。「病気になりにくいどころかもう病気の心配はありません(死んじゃったから)」的な恐さがある。
 
 

メモ:ニセ医療のもたらした被害

 まあ、国によって平均的な医療のレベルや住民が受け入れている治療法が違うのは仕方がないとしても、惨事を招くことがあるという例。AFP BBニュースより。

シエラレオネ、エボラ流行は一人の「ヒーラーから」 医療当局者
2014年08月21日 17:33 発信地:ケネマ/シエラレオネ

【8月21日 AFP】シエラレオネでのエボラウイルス感染拡大は、エボラ出血熱を治癒する特殊な能力を持つと主張していたある一人の「ヒーラー(治療師)」によってもたらされた──同国東部ケネマ(Kenema)地区の医療当局者がAFPに語った。

 ケネマ地区の医療当局責任者、モハメド・バンディ(Mohamed Vandi)氏はAFPの取材に対し、ギニアからエボラウイルスが持ち込まれた原因は、東部国境沿いのソコマ(Sokoma)村のヒーラーだったと述べる。

 バンディ氏は「このヒーラーの女性は、特別な治癒能力を持っていると主張していた。そのため隣国ギニアからエボラウイルスの感染者たちが彼女の治療を受けようとシエラレオネに入ってきた」と話した。また「本人は(エボラに)感染して死亡した。そして彼女の葬儀に集まった近隣の町の女性たちが感染した」とも付け加えている。

 バンディ氏によると、国内での感染はこの女性たちから連鎖反応的に広がったという。そして6月17日、エボラウイルスがケネマに到達し、以降の大流行につながった。

 今年初めにギニア南部での感染が確認されたエボラ出血熱は、まずリベリアへと広がり、5月にはシエラレオネでも確認された。世界保健機関(World Health Organization、WHO)によると、これまでの死者は1350人以上に上っている。シエラレオネにおける感染者数は848人、死者は365人となっている。(c)AFP/Frankie TAGGART

 最近、基盤教育の科学リテラシーの割り当て時間が、医学部生の受講の多い時間にあたっているので、来年のプリントに入れて紹介しようかなあ。日本の医学部の教育では、医療従事者が感染源になるような事態を避けるための教育訓練も行われているが、そうでない場合はこういった被害を招くという実例。

橋本聖子事務所がネット居留守を使っている件(追記あり)

 橋本聖子氏が酔っ払ってフィギュアスケート選手の高橋氏にキスを迫った件が話題になっており、現在、橋本聖子事務所のサイトを見ることができなくなっている。アクセスすると次のように表示される。

Web1

 これを、MacOSで使えるHTTPScoopというツールでモニターしてみる。使い方は簡単で、HTTPScoopを実行し、管理者パスワードを訊かれるので入力して、左端のScoopボタンをクリックした後、Safariで見たいアドレスにアクセスするだけ。

Web2

 右端のステータスコードは200なので、正常終了していることがわかる。Safariの開発メニューからページのソースを表示させると、

Web3

となる。
 本当にウェブサーバの過負荷なら、503 Service Unavailableが返ってくるはずだが、200が返ってきているということは、ウェブサーバはちっとも混み合っていなくて正常にアクセスできている。表示させるhtmlファイルをいじって、ウェブサーバ混雑のせいにして、中身を見せないようにしていることが丸わかりなわけで、いわば「ネット居留守」である。

【追記】
 上記の状態は午前中(およそ11:00過ぎくらいまで)であった。14:00過ぎにもう一度確認したところ、
Web04

となっていた(有料のHTTP Clientというソフトを使ってアクセスしてみた)。今度は503を返すようになっていた。

 なお、internet archiveの記録によると、2014/07/29のトップページが記録されており、ご意見ご質問はこちらから、は2013/12/17のものが記録されており、こんな内容である。

Web05

 議員の公式ページなのだし、メンテナンス時に出すメッセージは自由に変えられるのだから、せめて連絡先くらいは出しておいた方が親切ではないかと思う。

「強命水 活」

日本経済新聞の記事より。

「がんに効果」と水無許可販売 3人逮捕、容疑を否認
2014/8/20 1:40

 長野県警は19日、がんに効果があるなどとうたった飲料水を無許可で販売したとして、薬事法違反(医薬品の無許可販売)の疑いで、同県諏訪市の水販売会社「エーイーエム」社長、菅原越雄容疑者(62)と妻の同社役員、まさ子容疑者(62)、長男の関連会社役員、健彰容疑者(30)を逮捕した。

 県警によると、容疑を否認している。

 逮捕容疑は共謀し、500ミリリットル2千円の飲料水「強命水 活」などの商品についてウェブサイト上で「がん細胞をも押さえ込む」「痛み・かゆみを瞬時に消す」などといった効能をうたい、国や県の許可を得ず、3月にインターネットを通じて販売した疑い。

 茅野商工会議所(同県茅野市)は「強命水 活」を2011年に「推奨土産品」に認定しており、担当者は「認定取り消しを検討する」と話している。

 同社はウェブサイトで「薬事法を順守するため、効果効能は記載していない」と強調していた。しかし県警によると、同じサイトで「諏訪 不思議な水」というキーワードでの検索を勧め、効能をうたった別のサイトに事実上誘導していた。

 越雄容疑者は商品を製造する茅野市の会社の社長も務めている。〔共同〕

 2012年にNAVERまとめで薬事法違反が指摘されてました。
 逮捕を受けてか、効果効能を謳った別サイトでは見えなくなっているページが多かったり、NAVERまとめに紹介されたページも削除済みだったりしています。

 常識的に考えて、ペットボトルの水の値段として500ミリリットル2000円というのは、ブランドによる付加価値を考慮したとしても、相場を著しく逸脱して高価なわけで、こんな値段がついているものを「推奨土産品」に認定するというのは、客からぼったくりますよ宣言にしか見えません。茅野商工会議所の見識を疑います。

笹井さんは自分で実験していたのかしら?

 今更書いてもしょうがないかなあと負いつつ、それでもいろいろ引っかかるので書いておく。
 一連の報道で一番しっくりこないのは、笹井さんが自らSTAP細胞の再現実験に乗り出そうとした話が全く出て来ないということである。
 再生医療や分子生物の分野では事情が違うのかもしれないけど、こういう騒ぎになった時に自分で手を動かさないままでいるというのが、私にはちょっと信じられない。

 若手が面白そうなテーマで論文を書いたがアクセプトされずに困っているので、一応の内容を確認(この時点では捏造とかは想定しない)したベテランが相談に乗って共著で論文をアクセプトまで持ち込む、というのは、ありそうなことではある。その内容について、あり得る話であるとコメントするのも、特に問題が生じていない状態であれば、共著者なら当たり前である(内容を疑っているなら最初から共著者にはならないだろう)。
 1月29日のSTAP細胞発見の発表と記者会見の後、2月、3月の間に疑問点や研究不正の疑いが次々と指摘された。図の使い回しや不適切な加工が指摘され、筆頭著者の博士論文にも剽窃や企業サイトの図の使い回しが見つかり、直接関係のない図を入れていたという指摘がまずネットで伝搬した。4月に入って、疑惑があるという報道がなされるようになった。4月9日に小保方さんの記者会見があって、その後の4月16日が笹井さんの記者会見だった。

 私にとって、一番違和感があった、というか寧ろ驚愕したのが次の発言である。
(1)「最後の段階で論文仕上げに協力しただけ」「実際に指導したのは若山照彦教授である」「私の仕事としてSTAP細胞を考えたことはありません」
(2)(STAP細胞は)「検証する価値のある合理性の高い仮説」「STAP細胞と考えないと説明できないデータがある」

 ギフトオーサーシップの問題とか管理責任の話はとりあえず全部抜きにする。何も疑義が無い状況なら、共著となった論文中の他人の実験結果について、このコメントでもまあそんなもんかとは思う。しかし、記者会見までの間、筆頭著者が平気で捏造や図の加工や剽窃をする人物だということが山ほど指摘されていた。つまり笹井さんが小保方さんから過去に見せられたデータにどれだけの「過誤」(ただちに捏造を疑うという判断の切り替えがすぐにできなかったとしても過誤くらいは想定できただろう)が含まれていたか分からないという状態だった。
 その状態で、仕上げをしただけだ(実際に自分で実験してデータを得たわけではない)がSTAP細胞を仮定しないと説明できないデータ(そのデータの信憑性がもはや危ういのに)がある、と記者会見で主張したのだ。「何という危ないことを言い出す人なんだろう」「何だかこわいことやってるなー」というのが率直な感想だった。

 私は随分前に、個体差でデータがばらつくのが嫌で生物系から物理に戻った。それでも、実験しているとエラーは入り込むし、使った材料や器具に対する理解が不十分で間違った結論を出しかけたこともある。だから、何か違うことをやったときにはしつこく確認するし、時にはわざとに手順を変えて別のファクターが紛れ込んでないかチェックしたりもする。自分のデータもなかなか信用しないが、他人のデータもすぐには信用しない。自分の所で相補な測定をやって、矛盾しない結果になれば、他人のデータがまあ確からしいかも、という方に判断が傾く。生物ほど結果がばらつかない実験をしていてもこんな感じである。「貴方を疑うわけではないが、一応確認はします」というのが基本姿勢である。同じことを私が言われたとしても「どうぞどうぞ」と返事して協力するだけである。
 分野が違うので正確な評価はできないけど、笹井さんは生物学の方でいい仕事をたくさんされた方である。個体差やらちょっとした手技の違いが結果の違いをもたらす分野でずっと仕事をして成果を出しているのであれば、何か結果が出てもしつこく確認しないと危ないとか、他人が出した結果を鵜呑みにしていると足を掬われることがあるというのは身にしみているはずである。捏造が一切無くても、単なる勘違いとか見落としは紛れ込む可能性はいつもある。そういうケースに直接巻き込まれたことが無かったとしても、他人の失敗談などから実感を持てる程度には知っているだろう。どの分野であっても自然は人間の都合なんか一切無関係ない(それどころか主観的にはかなり性悪な)わけで、そういう自然を相手にしている人であれば、分野が違ったとしても、成果に見合った「用心深さ」を備えているはずだと私は考えていた。

 ところが、記者会見の発言からは、凄い成果をたくさん出してきた人に対して普通に期待できるような「用心深さ」が全く感じられなかった。(1)と(2)を同時に言ってしまうというのは、どうにもアンバランスな気がした。

 その道の権威の人が居て、実験手法についての十分な知識も技術もあって、若手を一人プッシュして職場に招き入れたとする。実験操作はその若手に任せていて、論文をまとめて共著者として投稿したが、その若手のやった内容に疑義が生じたらどうするか。まずは、「疑うわけではないが、再現性を確認できたら安心できるので」と、その若手にくっついて自分でもイチから実験するものじゃないのか。笹井さんが「やり方を教えてくれ」と言えば、小保方さんはその通りにするんじゃないか。そこで断るようなら「こいつは怪しい」ということになるだろうし。管理職として超多忙であったとしても、最初に記者会見でぶち上げた以上、自分の主な仕事でなくてもコケたら信用問題なのだから、他の仕事を中断してでも、真っ先に自分で確認して何が起きてたかはっきりさせようとするものじゃないのか。特定の研究グループに弟子入りして半年修行しないと手技が身につかないというのならともかく、STAPって簡単にできるというのが最大の売りだった。若山さんに依頼しないとできない分は仕方無いとしても、その前までのところなら自分で確認することが可能だったんじゃないか。自分で実際にやってみて初めて、今後どの程度期待していい話なのかという見通しを安心して記者に語ったりできるわけで、自分で実験を全くせずに見通しを公表するなんて、実験やってる人間としては、普通は怖くてできないものなんじゃないか。全く何も無い状態なら「こういう見通しでがんばってみます」も有りだけど、既に疑義が出ていたらそうも言えない。記者会見で「今自分でここまで実験して確認してます」という話が出てくるのかと思ったら全くそうではなかったので、大丈夫かしらと思ったりもしたのだけど。このあたりは私の実感と合わないという話であって、別の人や別の分野にそのままあてはまるかどうかはわからない。何か生物分野特有の事情があるなら知りたいところです。

 笹井さんほどの人がSTAPはあるだろうと考えていたのだからきっと何かあるに違いない、という意見も目にしたけど、私はそうは思わない。笹井さんほどの人でも管理職になり現場を離れて手を動かさなくなると見通しが甘くなるのだ、の方がよほどしっくりくる。
 実のところ「若い頃実験やってすごい成果を出して今偉い先生になってるのだけど最近は学生への指示の出し方がどうも……」というケースを随分見聞きしてきた。「凄い先生でもこうなのだから、自分達がこれから大学に就職したとして実験の現場離れたら絶対ダメだよなあ。自分で手を動かさなくなったらそれで終わりだよなあ」って当時のポスドクや院生の人と語り合っていたことも思い出した。うまく説明できないのだけど、こういうのは特定個人の問題ではなく現場を離れた人に起きる共通の問題のようにも思える。もしかしたら、マネジメントを専門にする人を共著者に入れること自体が危ないことなのかもしれない。

主観は主観でとどめるべき

NHKニュースの記事より。

「悪霊払い」で妻死亡 私大准教授を逮捕
7月3日 14時56分

妻に大量の水を飲ませるなどして死なせたとして、熊本市の私立大学の准教授ら3人が傷害致死の疑いで逮捕されました。
准教授らは「悪霊を払うためにやった」などと供述しているということで、警察で詳しい経緯を調べています。

逮捕されたのは、熊本市東区長嶺南の崇城大学准教授、福田耕才容疑者(52)と、自称、祈とう師の野田英子容疑者(81)ら3人です。
警察によりますと、3人は先月21日、野田容疑者のマンションの部屋で福田容疑者の妻の利恵さん(51)を押さえつけ、大量の水を飲ませるなどの暴行を加えた疑いがあるということです。
利恵さんは搬送先の病院で翌朝死亡し、警察は3人を傷害致死の疑いで逮捕しました。
警察の調べに対し、福田容疑者らは「悪霊がついているから、おはらいをしようと水を飲ませた」などと供述しているということです。
警察によりますと、野田容疑者は30年以上前から祈とう師を名乗っておはらいを行い、福田容疑者と利恵さんは数年前から通っていたということで、警察は詳しい経緯などを調べることにしています。

 幽霊を始め、霊的なものをを見たとか存在を信じるというのは自由ですが、あくまでも、その人個人の主観に始まり主観に終わる話です。個人の主観を越えて、人の間にもそれが存在すると信じて、他人に何らかのアクションを起こせば、その時点で一線を踏み越えてしまう結果になります。

エントロピー計はありません

 Tokyo DD Clinicのページより。ツッコミどころは山ほどあるのですが、私が前期担当している専門必修科目の「物理化学I」の試験を控えていますので1点だけ。

メタトロンはロシア人科学者によって開発されたエントロピー測定機器です。

と書いてありますが、世の中に、エントロピー測定機器というものはありません
 エントロピーというのは、熱平衡状態に対して1つだけ決まる量です。特定の系のエントロピーは、S=S(U, V, N,…)のように示量変数の関数として表したときに、その系の熱力学的性質を全て表すことができます。この形の式をのことを基本関係式と呼ぶのは、講義で述べた通りです。
 S(U, V, N)を決めるには、熱膨張係数、等温圧縮率、モル低圧比熱(これらは定数表に実測値が出ています)と、基準の状態での体積とエントロピーの値が必要です。さまざまに条件を変えて測定した3つの熱力学量の値を使って広い範囲でのS(U,V, N)を計算します。ごく一部の物質については、S(U, V, N)を1つの式で表すことができます。そうでないものについては、数表の形か、限られた条件での近似式でしかあらわせません。
 幸いなことに、モルエントロピーは、さまざまな物質について既に求められています。定数表のエントロピーを使った計算方法と、エントロピーを決めるための計算方法について、試験前にもう一度ノートを見直しておくことをお薦めします。

検出器をできるだけ持ち歩こうとした結果w

 郡山の、放射線計測勉強会part3に参加。
 3週間ほど前に、@namururuさんのところのpolimaster祭り(セール)があって、放射線測定器が格安で手に入ったので、参加する気になった。前日の郡山ツアーも行くつもりで、多分あちこち回って測ったりするんだろうと思い、買った測定器をどうやってフィールドで測りやすいように持ち運ぶかを考えた。
 すぐ取り出せるということなら、ウエストポーチや、フィッシングベストをつかうなど、ポケットを増設するのがよさそうだ。ところが、PM1401GNBは細長いが分厚く、普通のベストのポケットに入れたのではふたが出来ず落とす可能性がある。また、ずっしり重いので、薄くて軽い布のベストだと重量で振られて検出器をぶつける可能性がある。
 サバゲー用のタクティカルベスト(たとえばこんなやつ)も考えたのだが、マガジンはそんなに長くない上薄く、ポーチもそれに合わせて作ってあるから、PM1401GNBは入らない。じゃあポケットの大きいこれはどうだろう、と思ったのだが、ライフジャケットだったorz。で、いろいろ探した結果、PM1401GNBの入りそうなポケットを備えたベストを発見し、念のためショップにポケットのサイズを問い合わせたところ、あつらえたようにぴったり。即購入決定。
 残念なことに、オプションツアーの日は都内の別イベントとぶつかったので参加できなかったのだけど……。

 そんなわけで、ガイガー持ち歩きスタイルがこんなことになった。(会場で撮られた写真を使ってます)

Pic

 このベスト、かなりしっかりした作りなのでゴツいかわりに、PM1401GNBを入れても全く不安はない。取り出しも便利だし言う事はないが、見かけはかなりアレかも(汗)。

 USAサイズなので、ベルト類を一番短くした状態でもまだ余裕がある。まだ空いているポケットがあるので、道具の追加は可能。肩のベルトに厚みがあるので、デイパックを背負うと、ベストのベルトの外側にリュックのベルトが来る感じ。これで長時間歩くと荷重のかかりかたがまずくて疲れやすいんじゃないかとちょっと不安。

 かつて、地形学を受講して巡検にも行ったことがあるのだが、このベスト、フィールドワークにぴったりかも。クリノメーター、地形図、野帳、筆記用具は問題無く収納できて、歩きながらいつでも取り出せる。ハンマーを吊せば巡検の準備完了となりそう。実習やってた時に欲しかったなあ。

一応解決:HP prime

 HP prime graphing calculatorの続き。
 買った後、アップデートはしたのだが、それでも、HPのウェブサイトでダウンロードしたUser Guide Phase 2のCASの例が動かないという現象に見舞われて、サポートに電話をしたのだった。
 昨日、http://www.hpmuseum.org/forum/thread-1463.html という議論を見つけ、もしやと思って、再度ファームウェアアップデートをかけてみた。アップデート後、確認すると、
Application version 20140331 v6030
Operating system version V0.032.6030
となっていた。最初に行った5月のアップデートでも、既に20140331版は出ていたわけだから、これになったと思っていたのだけど、私がHP Connectivity Kitに不慣れでどこを見ればいいかわからなかったので確認できていなかった。
 とりあえずこれで、ユーザーガイドにあるCASの例は正常動作するようになった。他にもいろいろ改善されているらしい(すぐには確認できないが)。

 ということで、買ってアップデートはしたけどイマイチ、という人は、もう一度アップデートのやり直しをしてみるのも一つの手ではないかと。