サイゼリヤにクレーム

 2日続けてクレームの話題になってしまってちょっとアレなんだけど……。
週末、東京に行った時、サイゼリヤの春の限定メニューのボンゴレのペペロンチーノを頼んでみたら、アサリの貝殻の細かい破片が全体に混じっていて、ガリガリいってちょっと食べるのが大変だった。モノがアサリだから、多少は貝の破片があったり、砂があったりするのは予想の範囲だが、一口ごとに破片が混じってガリガリなのは、ちょっと頻度として高すぎるだろうと……。それで、店の人に状況を説明したら、「今度はそんなことのないように自信を持って作ります」と、きちんと対応してもらえた。2回目に持ってきたものではガリガリなのは多少改善したが、二口に1回ガリガリいう程度にしか改善せず、やっぱり多い。こうなると、調理の問題ではなく、店舗にやってくる材料の工場加工の段階で殻を砕いてしまっているのではないか?ということになる。砕けやすい質の殻のアサリを材料にしてしまって、加工の方法と合ってないのでは?その加工法でもしスープを作れば殻のかけらは下に沈むし、貝のスープの最後の一口は大抵砂があったりするから客の方も飲まないしで問題は発生しないが、スープが無い上油まみれでパスタ表面にいろいろくっつきやすいペペロンチーノで使ったのがまずかったんじゃないか、とかあれこれ考えた。
 それで、サイゼリヤのお客様相談窓口の電話番号を調べて、店舗の対応もきちんとしていたことも含め、穏やかに状況を説明した。技術の方に伝えてくださいと頼んだので、まあ、そのうち改善するだろうと期待したい。

【追記】そういえば、昔ひいきにしていたイタリアンレストランでボンゴレのパスタをよく食べていたのだが、それはスープパスタで、結構なみなみとコンソメスープが入っていた。使っていたアサリの殻はかなりしっかりしていたが、スープにすると殻のかけらも砂も全部沈むから、食べる邪魔にならないという理由もあってそのメニューになっていたのかもしれない。クリームスープだと粘性が大きいから、なかなか殻や砂が沈まないが、コンソメスープなら大丈夫だろう。ということで、サイゼリヤには、来春の限定メニューにアサリのコンソメスープパスタを販売してはどうかと提案したい。
(さらに…)