パーソナルツール
現在位置: 水商売ウォッチング / 磁気処理水 / 横浜市水道局から開示された文書一覧
ナビゲーション
 

横浜市水道局から開示された文書一覧

横浜市水道局がNMRパイプテクターを導入したので,関連する測定結果等に関わる文書全て,という範囲で,情報開示請求を行った結果,開示された文書。開示は2019年7月。

はじめに

 そもそもなぜ横浜市水道局がNMRパイプテクターに走ったのかというと,水道局のOBが作ったコンサル会社の(株)アクアエンジが代理店になって売り込みをかけたらしい(https://twitter.com/G_rolling/status/1142441632177872899)。横浜市の結果は,効果があったという宣伝に使われているが,全部開示されたものの30番台後半の資料を見ると,目視で錆の状況は変わらず,錆自体の分析をしても設置の上流側と下流側で目立った変化はない(数年設置した後)と読み取れる。設置したすぐ後の結果が良さそうだったので,そのときの結果が宣伝に使われたのだろう。その結果,厚生労働省から説明を求められて,業者の説明を受けただけなので詳しくは業者にきいてくれという内容の回答をしているあたり,OBのやらかし案件で無碍にもできず,試験することにしたものの,多分中の人もいろいろ感づいてはいたんじゃないかなあ。

 役所におけるOBの役割ってわりといろんなところで効いてるっぽいし,税金使って買ったものに効果が無いというのはお役所としてはまずいので,開示された内容は,パイプテクターに効果があってもらわないと困ることになってしまった人達がよってたかって出した結果ということになる。

 日本システム企画株式会社の説明に対して疑問を持たずに受け入れるコンサル会社って,不安要素が満載なのだが……。水道局OBで固めず,地元の横国か横浜市大の化学の専門家に相談した方が良かったんじゃないかなあ。まあこの件については,中の人,特に現場の人はOBとか上の方には一切忖度しない方が良いと思います。

全部開示されたもの

 以下に,全部開示となり,pdfファイルで開示されたもの一覧を示す。一部のファイルについては,関連文書が分割されていた(起案,本文,添付資料)ので,閲覧を便利にするため,同番号のpdfファイルを私が1つにまとめた。

一部開示されたもの

 一部開示されたものは次の通り。なお,不開示の部分は書類中の印章のみ,とのことである。印影が複製され悪用されることを防止する目的で行われた部分不開示だろう。

紙媒体で開示されたもの

 以下のファイルは,紙媒体で開示されたものをスキャナーでpdfにしたものである。番号とファイル名は整理のために私が適当につけたものである。

参考資料

 「参考」という分類で開示されたもの。PowerPointのファイルなので,ブラウザで見えない場合はダウンロードしてから開いてほしい。なお,MacのPowerPointだとレイアウトが崩れるかも。