ねらーが高得点取りそうな……

 「火星文命題不公 家長喊送分」より。台湾の大学学科能力試験で、「orz」みたいな文字を出して正しい文に直せってのが出たという話。

こうしたインターネットで使われる記号や絵文字は“火星のように理解できない”ことから「火星文」と呼ばれるそうです。

とあるけど、「火星文」とはうまいこと言う。さすがに、ネットを普段から使ってない学生には不公平だと、保護者が抗議活動している。しかし、普段からネットを使っている学生を選別するためには適切な問題なのかもしれない。それでも、2ちゃんねるのいろんな所に転がってそうなAAモドキを大学入試で出すとは、何とまあ大らかな……。
 ウチの学科なんか、化学の問題出すのに、当用漢字の表に出ているかどうかのチェックをしているというのに。
 スラッシュドットでも取りあげられている。学科能力試験って日本のセンター試験に相当するらしい。日本で同じことをやったらねらーがみんな高得点出しそうな……まあ、それ以前に指導要領逸脱とかなんとかで記者会見になるんだろうけど。
(さらに…)

中谷宇吉郎による疑似科学批判

 向こうの掲示板より。「雪は天からの手紙」(中谷宇吉郎)に、疑似科学批判(千里眼事件など)を書いた物があるという話なので、読んでみようと思って注文した。
雪は天からの手紙
中谷宇吉郎随筆集
 内容が重複するかも知れないがまあ仕方がない。しばらくでかけるので、読むのはもう少し先になる予定。なお、千里眼事件についてはすでに本が出ている
(さらに…)